07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1000文字小説 『夏』

ブロともの楓さんが、掌編小説のススメで紹介されている、
1000文字小説を書いてみよう!!!
ということで、私も久々に小説、書きました。
1000文字。
課題は「夏の風物詩を入れること」

タイトルは浮かばないんだけど(笑
『夏』にしておきます。
では……楽しんでいただけるといいなぁ~


『1000文字小説:夏』

「よし、怪我も治ってきてるな」
ドウジロは可愛く首をかしげ俺の手を前足で掴んだ。30センチの体長を支える細い足は、案外力強くて、俺は嬉しくなった。
「これなら夏休みが終わる前に森に返してやれるな」
「うん。シンに拾われてよかったね、お前」
ドウジロが鼻をひくひくさせて応える。先週、結と一緒に見つけて、今は結の家においてもらっていた。
結のうつむく長い睫、クリクリした目はドウジロに似ていた。狭い籠の中、結の手と俺の手がわずかに触れた。
「あ」
結の声に顔を上げる。
「今日ね、」
彼女を呼ぶ声が表から聞こえる。
「来た。父さんの知り合いで、島に来てる東京の学生さんが見たいって言うの」
結は慌てて立ち上がった。

男は日に焼けた顔で笑っていた。
「ケナガネズミが見られるって聞いてさ。結ちゃんだね、初めまして」
標準語が白い歯からこぼれると、結は見たことのない顔で笑った。
「初めまして。この子はシン。獣医の息子でドウジロの手当をしてくれたんです」
「ドウジロ?島ではそう呼ぶんだね。絶滅危惧種なんだ、日本で一番大型のラットで固有の進化をしているんだよ。会えるなんてラッキーだな」
結が、さっきまで俺がいた場所に男を手招きして、ドウジロを覗き込む。
「俺、帰るよ。餌、頼む」
袋を渡すと、男が歓声を上げた。
「こんなものを食べるんだな!」
「何でも食べるんです、雑食で」
俺はその場を抜け出した。


翌日、俺は結の家に向かった。結が不在でも納屋への出入りは自由だ。
庭先で、結とあの男の笑い声が聞こえた。
俺は少し迷って、もときた道を帰った。


夏休み最後の登校日。教室では結があの男のことを女子に自慢していた。
「納涼祭に一緒に行くの。それに、来年もドウジロを見に来るって」
俺は立ち上がっていた。
結もこっちを見た。
「もう決めたから。届出すれば飼えるんだから」
「森に返すって約束だろ」
教室が静まった。
「シンだって世話するって言ったのに来ないじゃない」
そう言った結の顔は、可愛くなかった。


夜。納涼祭の花火が結の家を赤く照らす中、納屋に行くとドウジロは嬉しげに俺に寄ってきた。
俺はドウジロを袋に入れた。

結と拾ったのは学校の帰りだった。
来年の受験の話をした。一緒の高校だといいねと、結は言った。

森は黒々と鎮座していた。
袋を草の上に置くと、ゆっくりと可愛い顔がのぞく。
ドン。
空が震える音に、ドウジロは飛び出した。
花火が消えるとドウジロも森の中に消えていた。






スポンサーサイト

プロフィール

らんらら

Author:らんらら
のんびり小説を書いています
日記ブログはこちら♪

ランキング参加中です♪

クリック よろしく~♪

FC2Blog Ranking

最近の記事+コメント

FC2カウンター

リンク♪

小説ブログの皆様

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。