08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「宙の発明家」第三章四.夢の国②

●夢の国2

カーチスの声に、クラフは親指を立ててみせる。カーチスの短い金髪が風で揺れる。
コースターはぐぐ、と左に回ったかと思うと、次に右。かなりのスピードだ。その先に赤い星が見える。
それはぐんぐん近づいて。
クラフは指示に従って、操縦桿をあげたり下げたり。タイミングがずれると、手元のスクリーンが赤く点滅する。
『ようし、いいぞ。ほら、あれが火星だ』
目の前が真っ赤に染まると同時にコースターは急降下!キャーと後ろで悲鳴とも完成ともつかない声が上がる。
赤いランプが点滅し、クラフの頬を照らす。
白い煙と変なにおいがして、警報音が鳴り響く。
がたがたとおかしな揺れ。
誰かが悲鳴を上げた。
『燃料タンクに故障発生!緊急着陸を試みる!』
キャプテンバーリーの緊迫した声と同時に、一気にコースターは下降する。しながらも、クラフの目の前のスクリーンではタイミングにあわせてエンジンの逆噴射だ、角度を間違えるな!さあ、レベルゲージにあわせて操縦桿を引け、と赤い文字が躍る。
映像と自分の手元のシャトル全体の絵の写ったスクリーンを同時に見ながら、タイミングを計る。
手元に伸びる二本の操縦桿を、両手で思い切り引く。下降するコースターで、それは至難の業だ。
「危ない、右に旋回」
コースターが右に傾く。
逆らうように右に操縦桿を傾ける、それはかなり重い。
「く」
「しっかりやれよ!」
カーチスが横から手助けしてくれた。
がたがたとゆれ始めたコースターが左に傾いて旋回しているような感覚にとらわれる。
目の前の映像はひび割れた火星の地表だ。その細い亀裂にシャトルが飛び込んでいく。真っ暗になったかと思えば、目の前に轟々と流れる水。
『危ない!』
クラフは操縦桿を手前に引く。
右横のシャトルのバランスを表示する機械が赤くなって、次にはグリーンに戻る。
安定した、ということか。
どん!
と衝撃を感じて、水しぶきがかかった。
「うわ!」
「うえ」
思わず叫んだカーチスの声に、クラフは笑いながら、それでも目の前の映像に釘付けだ。
そこは水の中。水中に落ちていく。
『驚いたな、火星にこんな地下水脈があるとは』
キャプテンバーリーの声。
『お!アレはなんだ!』
ひゅんと何かがスクリーンを横切る。
「出たよ!カーチス!逃がすなよ!」クラフが叫んだ。
次の瞬間、がたがたとゆれ、クラフは膝をどこかにぶつける。
「いってえ」
「大丈夫か」
カーチスの声に、クラフは笑った。
「いいから、ちゃんと、狙ってくれよ!外したら道連れになっちゃうんだ!」
目の前に現れた怪しげな生き物に、カーチスは照準を合わせる。
赤いレーザーがロックオンすると、次の瞬間白い煙のように、それは消えうせる。
視界の悪い水中から、次々と出てくるそれを、カーチスはすばやく打ち抜く。
「すげー!カーチスかっこいい!」
「ばーか、オレはプロだぜ、バカにするな」
ウインクする余裕を見せる青年。クラフは、自分の役割を一瞬忘れてぐらつくコースターを慌てて立て直す。
「しっかりしてくれよ!」
「分かってるよ!」
そう怒鳴りながら真剣な瞳の少年に、カーチスは笑う。初めて、クラフがコレほど楽しそうに笑うのを見たのだ。

二十分程度のアトラクションを、最高得点で終えた二人は、立ち上がると同時にハイタッチを交わす。
「最高!」
「ああ、お前もなかなかだったぜ」
アトラクションを後にしながら、クラフは嬉しそうに頬を上気させ、笑った。
「な?カーチスじゃなきゃダメだろ?オンナは足手まといなんだ!」
「お前、そういう奴か」
「何が」
「さんざんローザに甘えたくせに、俺もガキの真似しようかなぁ!」
「あ!ミッキーだ!!」

少し離れたターキーレッグのワゴンの脇で、キャラクターグリーティングが始まったことに気付いて、クラフは駆け出す。
「…ごまかしやがって」

夢の国③へ続く♪
関連記事
スポンサーサイト

おお!ホーリ先生

ありがとうございます!
らんららにしては珍しい、深夜のコメント返し中でした。
更新ですね!楽しみです!明日、いえ、今日の夜、お邪魔します!多分。飲み会なので。…。生きていたら、ですね…三日連続です(^^;)

もぉ~いいかい♪

こんにちわ。
ご無沙汰してました。
更新を楽しみにお邪魔してみたら・・・
何かとお忙しくてお休みだったんですね。

私も寄稿長編小説 沈黙の黎明 の最終章がやっと更新されました。
またお暇な時に覗いて見てやって下さいませ。

http://www.h3.dion.ne.jp/~naokick/SILENT/top.html

桜さん

ふふふ!桜さんもセキアらぶなんですね!!そうかぁ!
セキアさんすっかりデンワでしか登場できませんが(笑)声だけ想像してください。
くーちゃんにはまだまだ、楽しんでもらいます♪
せっかくの夢の国だもん。

こんばんはー!

ご無沙汰していました;

私もねずみの国ならぬ夢の国に行きたいです☆
読んでいて、クラフと一緒にアトラクションを楽しんでいるような気分になりました。
さすが、らんららさんです♪

ちょっと前の話ですが、どうしても言いたいので言わせてください。
カーチス、通話ボタンわかんないんなら、私と電話代わってください。
セキアと話したいっ!(←暴走)

カーチスもローザも好きなんですが、やっぱりセキアたちといるクラフが一番幸せそうですv
早く再会できるといいですね♪

コメントありがとう!

ブログのアクセス障害のためにすっかりばたばたしちゃいました!スミマセンでした!寝違えたり、そろそろ歓送迎会シーズンでいつも酔っていたりと、ろくな状態じゃないらんららです。
ついでに少しお休みをいただきました。

楓さん
かーちす、いいでしょ?
クラフくんの計算?どうでしょうね、ふふふ。不器用なのは、多分その通り、というか。自分でそれとは分かっていないですよ。だって、甘える相手なんて、セキアさんくらいしかいなかったから。それも自分を監視していると分かっている相手。
そういう状態で育ったら、あんまり素直にはなりません。
もっと、ダークな子になってもおかしくなかったですが。皆さんに可愛がっていただくために少し可愛い子にしました!
って、変?

chachaさん
ふふふ!楽しかった?嬉しいです!
アトラクションって、あんまり(らんららがバカなせいか)よく分からないうちにどんどん進んじゃうんですよね!おお?今のは?あれれ?と思っている間に進んで、どきどきして。
これ書いていて、本当に、フロリダに行きたくて!本物、体験したい!!

ユミさん
ありがとう!テッタくんのほうにも来ていただいて!うれしいです!
楽しいですよね!こういうアトラクション♪ふふ、クラフくんがローザを避けたのにはちょっと理由が…彼なりに、いろいろと考えているんです。
楽しんでくださいね!

花さん
ふふ!クラフくん、ここに来てカーチスさんに甘えているのはそれなりに理由が。
お父さん、本当のお父さんがカーチスだったら…いいですよね!
基本的に男性のほうが年下の同姓に優しい気がしますね。周りを見ていても。
夢の国。楽しい時間をもう少しだけ、堪能してくださいね。

kazuさん
まずは、アクセス障害回復オメデトウです!らんららはついでにお休みしてます。
カーチスさん、カッコイイですよね!っていうか、ゲーセンとか遊園地とか行って、かっこよくポイント取ってくれる男の子には惚れます、基本的に。
何か、こう、すごいって思わせる部分があるとね。
カーチスさんも地上ではただの気のいいお兄さんですが。空を飛ばせれば天才ですから。一緒に空を飛ぶことが出来ないので、こういうアトラクションで、彼のかっこよさをアピールしてみました!見んな、キュンっとなってもらったようで!ふふふ。
してやったり♪(?)

カ-チスさん!!

皆さん大絶賛ですが、私も絶賛したい!!
カーチスさんかっこいい☆
「ばーか、オレはプロだぜ、バカにするな」
きゃぁぁっ、どきどき。
キュンキュンしちゃいますよ(笑
そして、とても楽しませていただきました。
ほんと、描写が素敵ですね。
臨場感たっぷりといいますか。
その場にいて、現実に体感しているかのようで。
あぁ、なんだかちゃんと小説書かなきゃだめだぞ!と自分で思いました。
図書館いってこよう!
らんららさん目指して頑張るぞぃ!

あの人よりも、カーチスさんがクーちゃんのお父さんだったらなぁ、と思ってしまう花です。
心の底から笑うクーちゃん、目に浮かぶようでいいですね。
やっぱりこういうのは、男同士でないと分かり合えないものなんだろうなぁ。

楽しい~

もう3年ほど遊園地に行っていないので、行きたくなっちゃいました~。
クラフくん、のびのびと、心から楽しんでいる様子ですね♪
ローザさんを気にするカーチスさんも、かわいかったりしますが、
男同士のこういう楽しさも、有りですよね☆

ふゎ~^^

面白かったぁ~!!
一緒にキャーキャーなりましたよ~(笑)
ああいうアトラクション、大好きなので!
すぐにあの時の感覚を思い出して、クラフとカーチスと共に楽しみました☆^^
いや、本当に描写が素敵です!!
手に取るように、クラフ達が何をしているか、何を見ているか、聞いているかがわかります!
さすがだなぁとしみじみ思いました^^

クラフの心は、どっちなんでしょうね?
演技?素の姿?
でも、楓さん同様、私もただの不器用さんかな?と思ってきました。^^

カーチスは本当にかっこいいなぁ☆
クラフが笑顔で「かっこいい!」と言った時、私も一緒に叫びたくなりましたよ~(笑)

最高得点!!おお☆

やるね~
クラフ君とかーちす!!
って、そういや何故僕はカーチスさんと書かずにずっとかーちすなんだろう?とふと思いつつ、ま、いっかと。笑
ま、かーちすは専門ですからね。
やれて当然にしてもナイスコンビですね。
クラフ君の童心・・・
どこまで本気でどこまでごまかしで、
どこまで計算なんでしょうかね?
もしかして、その行動の全てが計算のようで、
でもホントはその全てが本心で、
実は甘えることがとても下手で不器用な少年なのかなって、最近そんな風に思ってみたりします。
Secret

プロフィール

らんらら

Author:らんらら
のんびり小説を書いています
日記ブログはこちら♪

ランキング参加中です♪

クリック よろしく~♪

FC2Blog Ranking

最近の記事+コメント

FC2カウンター

リンク♪

小説ブログの皆様

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。