10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「想うものの欠片」第五話⑯

16
城を出るとトモキはぐんと空に手を伸ばす。
陽が少し高くなり、遠く聖堂の鐘が鳴る。城の裏庭のような場所なのだ。
少しうす曇の空に、湿り気の多い風が吹く。
「ああ、緊張したなぁ!」
あっけらかんとした口調は、おっとりした青年そのもののようだった。けれど、ムハジク候との怪しげな取引や赤い石にタースが感じた気持ち悪さは増すばかりだ。

木戸を閉めて、タースはトモキの背中に声をかけた。
「あの、箱の中身。もしかして、ティエンザの大学で研究されてるっていう石?」
「ん、知らないほうがいいよ」

肩を上下させてほぐすと、トモキは歩き出す。タースもついていく。
隣に並んで、トモキの顔を見上げた。
嬉しそうに笑っていた。
この人の性格にあの取引はそぐわない気がしていた。初めて採用された自分の記事を誇らしげに語っていた、あのきらきらした瞳の青年。タースにはトモキの行動がふに落ちない。

「盗んだの?それで、領主に売ったんだ」
トモキは前を向いたまま応えない。
「よくないよ!」
「子供だなぁ」
「違う!体に良くないって言ったんだよ!トモキさん、言っていただろ?あの石にはすごい力があって、鉢植えの花が枯れるって!人間の体だってきっと何か起こるよ」
「大丈夫さ、ほら、何もなってないだろ」
そう言って手のひらを見せる。けれど、トモキの顔色は青ざめている。

「目に見えないけど、でも、絶対良くないよ!体の調子が悪いのも、それでだろ?」
「……もう、渡したんだ、持ってない。大丈夫さ」
「病院は?診てもらったの?ほら、咳も止まらないし、顔色」

不意に、突き飛ばされた。
よろけて、思わず脇にあった木にしがみつく。
無視して歩き続けるトモキにタースは駆け寄った。
「トモキさん!」
「分かってるさ!だから、もう、言うなよ!」
「何が?分かってないよ!体を壊すよ!」
「もう壊れてる!分かってるんだ!それ以上言うとティエンザに連れて行ってやらないぞ!」
トモキは厳しい顔をしてタースを睨んだ。

もう、壊れてる?
分かってる。

トモキの言わんとすることを理解して、タースは押し黙った。
もう、どうしようもないことだと、青年の険しい表情は語っていた。
なぜ、危険を冒してまでそんなことをしたのか。
トモキの受け取った皮袋にはきっと金貨が入っている。

生きていくために、時には無茶なことをしなければならないのは、タースも分かる。
しかし、普通に生活し、職業を持っている彼に、その金が必要だとは思えなかった。体を張って、命を賭してまで必要とする理由が。
あるのだろうけれど。

早足で歩くトモキに、それを聞くことはできなかった。

二人は国境の橋、キョウカレズの手前にある商店で朝食のパンと服をいくらか買った。
店の軒先に用意されたテーブルについて、サービスのコーヒーを飲む。

「腹ごしらえしたら、早速行くから。いいかい、コナツ。ムハジク候が書類を書いてくれてある。これで国の外に出ることができる」
タースは頷いた。

コーヒーの苦さに気が引き締まった。

国境を越える準備は整った。

第五話 了

次へ(11/29公開予定♪)
ファンタジー小説ブログランキング
続きにあとがき~♪



らんららです!

『想うものの欠片』第五話、楽しんでいただけました?

物語の中でシーガ様やタース君、そしてミキーちゃんが変わっていけるのが理想かなと。

人は必ず目の前にいる人に影響を受けるもので、行動に一貫性がなかったり、迷ったり。時には間違った行動をしたり。

そういうリアルな感情を持たせたい、そんな風に想ってます。

いえね。
本来、エンターテイメントな小説であれば、勧善懲悪、際立った個性のキャラはそのまま通す。というのがお約束でしょうけど。それはそれで安心して楽しめる作品だと想うんですけどね♪

なかなか、そんな風には書けなくて。
人間はそんなに強くないかなぁなんて。

と、妙にまじめなことになってますが。

さて。

第六話。ちょっと、考えるところがありまして、公開方法を変更しようかな…。

「大切な?お知らせ」記事をご覧下さい♪
関連記事
スポンサーサイト

松果さん♪

うお~!!早い!
ありがとうございます!
はい、いろいろと人間模様も複雑(?)な展開です♪ここにきてやっとシーガさまも心中を語りました。なかなか話させるのに苦労しまして…(^^;)
また楽しんでいただけると嬉しいです~!!

おはようございます

五話、また一気読みしちゃった…

んも~、ダルクがヘンタイ扱いされたり、シーガの心の内が見えたり、トモキのやば~い事情が垣間見えたり、目が離せないんだもん。

さて、タース君の国境越え、どうなるんでしょう。気になるけど、第六話はゆっくりじっくり読み進めたいです~
(って、また一気読みしちゃうかも…)

コメント嬉しい~!!

花さん♪
ありがとう~♪そういっていただけるとちょっと自信出ちゃうかも(笑)
何事にも絶対なんてない、と、人は常に矛盾を抱えているものである、という基本的な考えがキャラに出ちゃうんですよね~流され体質♪純文学とかだとありですよね。普通に起承転結はないし。それでもそこで人間を表現できていていることが大切、みたいな♪
目標だなんて!花さんの発想力と展開力、そして説得力のある力強い作品が好きですよ~!キャラ作り上手いし♪
そうそう、皮がはがれてきました♪楽しみにしてやってください~(^∀^)

史間さん♪
ありがとうございます♪そろそろ次くらいから大枠の展開が始まります♪まだ序盤、なのです~(長いよ…^^;)一気に読みたいだけ読んでください!本来の読書感覚に挑戦です~♪

トモキ!

まずは第5話完結、おめでとうございます♪
トモキの事情に鬼気迫るものが…><
青いのと赤いのは置いといて、石って不思議な力がありますもんね。
そうなって、狂っておかしくないもの。
なるべく伏せておきたい事情も分かるけど、ここを突き詰めなきゃ、争いも収まらない気がして。
がんばれみんな!
おお、第6話一挙公開!
最近の不埒な一気読み史間には、嬉しいかもしれません。
では、次へ!

5話お疲れ様です!

花も、理路整然とした一貫性のあるお話より、らんららさんの人間味溢れるお話の方が好きです。
国語の授業とか受けてて、いつも思うんですよね。小説のキャラって、理由があって行動して、原因があって結果があることが多いけど、現実の人間にはそんなものないことばっかりなのに、って。
読解は出来ないかもしれないけど、リアリティのあるものを書きたい。
らんららさんの作品は、花の目標ですよw
素直になってきたシーガさん、裏の魂胆が見え隠れするトモキさん等、皮が剥がれてきた面々を取り巻きながら、頑張れタース君!

ユミさん♪

トモキさん!うん~。
そうです。どんな人もそれぞれにがんばってるんですよね~。
どうなるのか…
第六話からまとめて更新にしちゃいました♪
またコメントいただけると嬉しいです~!!

体が悪くなるのを知ってても、それを手に入れ、金貨を手に入れるなんて、
何か大変なことを抱えていそうですね~><
みんなそれぞれ悩みを抱えていて、それは当たり前なんだけど、
全然見えてこない人、見せない人のほうが、心配!!
トモキさ~ん、心配だよぉ!

第五話終了お疲れ様でした♪
また楽しみにしていますね☆

楓さん~♪

ありがとうです!
国境越え~!!いやそんな!期待されても(笑)
うふふ。
そうそう、いろいろと考えましたよ~。捕まっちゃうとか、追い返されるとか。
意地悪な国境警備隊とかね。この物語にはあまり書いてないアクションシーンとか?
うん。
しかし…ふふふ。秘密。
この大陸、言葉が同じ、宗教も同じだったりするので、文化的な異質感はあまりないです。
そろそろ、そういうことを書いている場合じゃなくなってきたりします。
少しお話を動かさないとね♪
タース、トモキさんとどうなる?(笑)
お楽しみに!(楽しめるかな?…黒)

国境

冒険小説には欠かせない国境越え。
どうやって国境を越えさせようかと、あれこれ考えていると楽しいものです。
国境の街ってちょっと特殊で独特の雰囲気があるんですよね。
異文化交流みたいな。
次回も楽しみにしています。

トモキさんやばいですね。
石のせいで大分悪くしている様子で。
そこまでして必要な金貨を何に使うのか?
しばらく静観したいと思います。

かいりさん♪

ありがとう♪
うふふ。タース君の記憶、はい。つなげていきますよ!
トモキさんとの関係がどうなっていくのか!
お楽しみに~。

六話、挑戦してみます♪
楽しんでいただけると嬉しいです♪

こんにちは!

五話完結お疲れさまです^^
トモキさんの具合が悪い原因はあの石にあったのですかー!!?
うわぁ…タース君、覚えがあるって、もしかして過去のあの事件に関係してます…?
国境越え、無事に出来るのでしょうか。
トモキさんはダルクさんとは違ってまだ信用ならない相手なのでかなりハラハラ><;
でもトモキさん、自分の身を削ってまでなんでそんなにお金が必要なんだろう…。
何か事情があるのかなぁ…。きっと悪い人じゃないんだと信じたいです。

お知らせ見ました!いいと思いますよ~^^六話も楽しみにしていまーす♪
Secret

プロフィール

らんらら

Author:らんらら
のんびり小説を書いています
日記ブログはこちら♪

ランキング参加中です♪

クリック よろしく~♪

FC2Blog Ranking

最近の記事+コメント

FC2カウンター

リンク♪

小説ブログの皆様

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。