10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「想うものの欠片」第十話⑪

11
ティエンザ王国。サンルー。

地震のために停止した機関車が、先ほどから何度も蒸気を吐き出し、その音は混乱の続く病院内でもかすかに聞こえていた。

青白い顔の青年が横たわる病室。
ばたばたと医者や看護師が走り回る廊下の喧騒も気にならないようで、一人の男が小さなテーブルに背を丸め、盛んにペンを走らせていた。茶色いハンチング帽の上から頭を数回かき、少しうなるとまた夢中で何かを書き綴る。
再び小さな揺れが始まるが、ダルクは何も気にしていなかった。

先ほどまで、静かに語っていたトモキの言葉、そして自分が調べたことをまとめていた。疲れたのだろう、トモキは静かに寝息を立てている。
ダルクは書き終えると、紙の周囲に散らばった硝子片を無造作に払う。
ガシャンと破片が床に落ちた。

テーブルに乗っていたはずの薬のビンは床に落ち、ダルクの足元をごろりとつつく。先ほどトモキを庇った時に降りかかった破片が未だに肩に乗っている。
それでも、男は夢中だった。紙を持ち上げ、声に出して読み上げる。
周囲の喧騒のなか、誰も彼らに注意を払うものはいない。

「よし、出来たぜ」
そう、つぶやくとダルクはもう一度、眠っているトモキのそばに座り込んだ。

青年の顔は土気色だ。恋人の死を知ってから急速にその生命力は奪われていくようだった。
石の力で内臓のほとんどが損傷を負っていた。今では何の薬も効かない。とりあえずの痛み止めとやらが出されるが、飲み込むことすら困難だった。
死期が近づいていた。

「なあ、トモキ、出来たぜ。赤い石、あれの持つ力、人体への影響。あいつらがやろうとしていることを暴いてやる。兵器を作るだと?なにが新しいエネルギーだ。何が科学の発達だ。なあ、トモキ。お前の記事は世界を救うんだぜ。皆がお前に感謝する。あちこちおかしなことになっているが、お前の功績は俺が世に広めてやる。お前の名前を歴史に残すんだぜ。だからそれまでは、なあ。頼むから、見届けてくれ」

ダルクはその記事をティエンザ、そしてライトール両方の国の新聞社に持ち込むつもりだった。
ティエンザ王国内の人々は、国境を閉ざされたことは知っているものの、まだ戦争という事態を把握できていない。遠い国外のことより、今は災害が相次ぐ現状に翻弄されている。報道規制もされているだろう。だが、どんな新聞社にも気骨のある編集者がいる。ダルクにもいくつか伝手がある。

国が軍隊や恐ろしい研究に国力を注ぎ、人々がそのあおりを受けている。
人々が災害の影響で救いの手を求めているのに、国は恐ろしい研究に夢中なのだ。シモエ教区に軍隊を送り、そのために災害復興は遅々として進まないのだ。

そして。ライトールにも同様の内容を送ってやる。
何ゆえ、赤い石がライトールの大公を襲ったのか。全てを白日の下にさらし、公太子の復権を図る。
ぞくりと腹のそこから震えた。
「は、武者震いって奴だぜ…」

ダルクがもう一度トモキの冷えた手を握りしめた。ふと、動く影がそこを横切った。

グカ!!
「よお、タンラ。いいタイミングだ」
割れた窓枠にいったん停まり、首をかしげて室内を見回したカラスは、ダルクの方にばさばさと不器用に飛び乗る。

「なあ、頼むぜ。今回の手紙はちいと、重たいが」

「ググ?」

ダルクが差し出した足ではなく、腹と首に皮製の袋を巻きつけたので、タンラは迷惑そうに手をつつこうとした。
だが、ダルクの手がその程度でひるむはずもなかった。


タンラは北を目指し飛び立った。
重い荷物を背負い、ひたすら主人のいる場所へ羽ばたく。

怪しい黒い雲に視界を奪われながらも。
背負うものの価値はカラスには分からないものだが、彼の向かう先は常に一つ。

愛しい主人の待つところだ。


第十話 了

第十一話は4/29公開予定♪お楽しみに♪

続きに第十話あとがき♪



らんららです。
第十話。少し短め。
スレイドさんのお話でした。

当初、単なるおっさんキャラの脇役のはずが。なんだかこういう人がいないとつまらないと、昇格しました。
シーガ、タース、ミキーたちが自分たちの旅を続ける中、世界の情勢に彼らの存在や行動がどう影響するのかを客観的に眺める役が必要になったんです。

タース君たちだけでは世界の様子を知ることはできませんから。

視点が飛ぶのは好きではないけれど。
でも、この広い世界の、同時に起こっている物事を感じて欲しいので。
同じ役目として、ダルクさんも。がんばってくれています♪

さて。
次はいよいよ。最終話。

こんな状態で、一体どうやって完結するのか(笑
見届けてやってください♪

4/29公開予定♪
関連記事
スポンサーサイト

史間さん♪

ありがとうございます!!
ここまできましたね~?
長いのに(笑
嬉しいです♪
スレイドさん。カッコイイのだけど、視野も広いのだけど。実は女性に弱いです。ええ。皆さんにお褒めの感想をいただき、地面に拳を打ち付けつつ、そんな自分に浸っている…笑

最近、仕事で集中力を出し切って、ほかは生活するだけで精一杯なのですよ~。
情けない…あと少し、あと三週間で決算が終わりますから!!
そしたら、心置きなくPC生活に戻れます~!!
待っていて、茉莉くん~♪

こんにちは!
完結おめでとうございます!
遅れていますが、本日はここまでで。

スレイドを欲益で飼いならそうなんて、ムハジクってば(無謀)
激昂に焦らず、大局を見据えて行動する男・スレイドがかっこいいです。

最終話も楽しみにまたお伺いします♪

松果さん~♪

はい~そうなんです!
明日、最終話公開です♪
少し長いのです。今までも十分長かったような気もしますが(笑)
どんな感想を、くださるのかなっ♪と楽しみ!!
がんばります~!!

わぁ~んトモキー!

トモキ、なんてこったい。彼女もだめだったのか…(泣)
ダルクさん、ジャーナリストの鑑だ!そしてタンラ頑張れ。

さあ~て、十話読了間に合ったから、あとは新作を待ちますよ。タース君とシーガたち、どんな風に再会できるかな、ワクワク……

ユミさん♪

ありがとう~!
大人たちはいろいろと大変ですよね♪
タース君やミキーちゃん。そして案外子どもなシーガさま。
やっぱり書いていて楽しいですよ~!
さて、あと少しです!
今、記事を少しずつ溜め込んで準備中♪

もう少し待っててくださいね~!

遅くなりました~!
すっかりご無沙汰で、すみません。

トエリュの切なそうな恋とスレイドさんの男気溢れる行動に、
朝から心臓バクバクしてしまいました(笑)

なんか、皆が皆、自分の気持ちを隠して生きてるの見てると
辛いな~。
タースくんやミキーちゃんのように素直で真っ直ぐに行動で
きたらいいのにね…。
そしたら、不要な争いも避けられるかもしれないのに…。
シーガ様も2人に触発されてきたから、今後楽しみです。
来週は、いよいよ最終回ですね^^
最後どういう展開になるのか、今からドキドキです♪


はまねぇさん♪

ありがと~!!
嬉しいです!待っていてくださって~(^^)
そうですね、いろいろと忙しい時期ですよね!
らんららも仕事はかなり…。書き上げておいて本当に良かったとホッとしてます♪

次回、最終話。きっちり、まとめさせていただきます♪
長い物語だったけど、書いていて楽しいキャラばかり。楽しんでいただけるといいなぁ~!

お久しぶりです♪♪

は~っ!待ってました!やっと、4月3日がきましたね♪と言っても私事ですが、ちょうど仕事も忙しく、小説を読む間も無かったので、あっと言う間でした。
10話どんな物語なのか、凄く楽しみにしてました!一気に読んでしまいました~!スレイドさん、強いっ、かっこいい!切れ者!やっぱり、らんららさん作品にはいなくてはいけない存在ですね!
それに、ムハジク喉も。 戦争…嫌ですね…人間の欲だけで簡単に始まってしまうんですよね…
だけど、スレイドさんとダルクさん、個人的にタンラ!頑張って~正義は勝つ! 次回最終話、ますます楽しみになりました♪  やっと気になってたトモキにも会えたし。けど色んな意味で、切ないです…最終話、絶対ハンカチいりますね。用意してまた、楽しみに待ってますp(^^)q

kazuさん!

早い(笑)
いや~嬉しいです!!
今回少し短めでしたが。
スレイドさんもダルクさんも、タンラも。皆がんばっています。
ええ、最初は変な面白キャラだったスレイドさん、こんなふうに生まれ変わるとは私も驚きです♪(笑
物語の中で、親子の関係は三組。
タース、シーガ、スレイド。
みな、どこか淋しくて、上手くいかない。
でも。大切な何かを受け継いでいる。

と、まあ、こんなテーマもあったり。

さて。後一話♪楽しみにしてください♪

スレイドさん・・・

くぁっこいい!!
飄々と人と人の間をすり抜けていく、「想い」を掴みにくい、掴ませないスレイドさん。
でも、だからこそ彼の本心の想いは、誰にも負けないのかもと思いました。
自分の父が守ってきた国と、兄弟と名のりあう事のない弟を助ける為に、スレイドさんは困難な道を進む。
戦争を早く終わらせるために。

第10話で、凄くスレイドさんが好きになりましたよ~!
今まで以上に☆
スレイドさん、ダルクさん、トモキさん。
タース君とシーガ様、ミキーちゃん。
皆が自分の置かれた立場で、懸命にがんばってる。
あぁ、とうとう第10話を読み終えてしまった・・・
4月29日・・・、楽しみだけれど寂しい。。。
ドキドキしながら、待ってます^^
Secret

プロフィール

らんらら

Author:らんらら
のんびり小説を書いています
日記ブログはこちら♪

ランキング参加中です♪

クリック よろしく~♪

FC2Blog Ranking

最近の記事+コメント

FC2カウンター

リンク♪

小説ブログの皆様

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。