10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

18世紀フランスってこんな世の中②

ただ今がんばって執筆中です♪

今日はらんららの参考図書のお話。

『フランス革命史』ジュール・ミシュレ著

ミシュレさんは実際にフランス革命期に生まれた方です。パリの印刷工の息子として。貧しい中、一族の期待を背負って学校に入り、二十一で文学博士となった人物。
もともとが貧しい家庭で育っていたからこそ、そこに生きていた普通の人々にとって、フランス革命の時代とはどんなものだったのか、が生き生きと語られるのです。

らんららの知りたいのもそこにありますからね。

「パレ=ロワイヤルで、市役所でおこったことは知られている。しかし、人民の家の炉辺でおこったこと、それこそを知らねばならぬ」とミシュレさんは語ります。

「炉辺で、めいめいの人民が心の中で過去に対して最後の審判を下したのだ。…中略…強い男たち、我慢強い男たち、いままであんなにおとなしかったきみたちは、この日、神の怒りの一撃を打ちおろそうとしている。きみたち以外にたよる者もない家族の姿を見ても、君たちの心はくじけはしなかった。それどころか、眠れる子どもたちをもう一度眺めると、この日こそこの子どもたちの運命を決する日だと君たちの思いは高まり、この揺り篭から巣立つべき自由な世代の子どもたちを抱きしめた。」(『フランス革命史上巻』より抜粋)

そうして、パリの男たちはバスチーユへと向かった。
たいした武器など持たず、ただひたすら。

その市民に銃を向け、殺戮を続けることをフランスの衛兵は拒んだ。結果、バスチーユは陥落する。

人間味に満ちた物語が歴史の中には内包されていて。
知れば知るほどドキドキするし、逆にね、安易な気持ちで描けなくなる。

らんららが書こうとしている物語には、革命は世の中の動きとして主人公に影響してきます。でも、描きたい主題が違うので、実際の地名も、人名もぼかして描く予定です。
パリ⇒ファリとか。
オーストリア⇒アウスタリアとか。(笑
人物も、あ、これはもしやこの人?と気付いてくれてもいいし、気付かなくても楽しめるようにするつもり。
どちらにしろ、あんまり有名な人は描かないです。
それは、歴史家とその時代に実際に生きた人たちへの敬意です。
関連記事
スポンサーサイト

桜さん♪

うわ~お久しぶりです!
お元気そうでっ♪
そうなんです、まだまだ書き続けています(笑

フランス革命!!詳しいのですね!
歴史苦手なので小心者。きっちり実在のものを表現できなくて。

バリケード…市民が作ったのですね?!
パリ市民、いいえ、フランス人のおおらかさと正義感、強い意思には感嘆しています~!!

なにかココは、と言うところがあったらこそっと教えてくださいね~!

お久しぶりです☆

らんららさん、こんばんは!

新しい連載が始まったのですねv
「想うものの欠片」がまだ最後まで読み終えていないので、そちらが終わり次第読ませて頂きます!

次の舞台は18世紀のフランスなのですね。
楽しみです♪
何を隠そう、フランス革命は大学時代私のゼミのテーマでした。
ただでさえ難しい内容を、原文で読んだ苦しい思い出があります…。
しかも歴史には本気で取り組んでいたので、誰よりたくさん和訳させられた記憶が(泣)

フランス革命といえば、パリ中に築かれたバリケードが印象深いです。
――っと、ヤバイ、語り出しそう(笑)

早く追いついて読みに来ます!
それでは~☆

松果さん♪

分かってくれます?嬉しい~♪
本物に勝るドラマはないわけですよね。

読み漁った資料が…それは、分かります。うん。小説を書くのって多くを知っていなきゃいけないけど、それをすべてそのまま読者さんに伝えてもいいかどうかは別、だったりしますよね。

自分の中で細かい緻密な設定がたくさんあっても、作品に出すのは一部。選りすぐりの、作品で表現したいことにもっとも相応しくシンプルなものだけを提供する♪

んふふ。じわじわ、書きながら準備しています♪
ああ~ご期待に添えるといいなぁ~(どきどき

楽しみだ~!

そうですね、革命のような歴史の転換期って一握りの有名人が作ったものではなくて、名も無き多くの人びとが創り出した「うねり」のようなものだと思う。
>歴史家とその時代に実際に生きた人たちへの敬意
わかります。現実の歴史を調べれば調べるほど、(アマチュア作品だとはいえ)フィクションでいじくっていいのか? という思いがします。
(拙作なんざ読み漁った資料は結局ほとんど作品に反映されないというお粗末な事になってますが……いっそ架空史にすりゃよかった)

くぁ~楽しみだ!
らんららさん、期待して待ってますよー!
あ、その前にシーガ様の活躍を読みきらなくちゃ。
Secret

プロフィール

らんらら

Author:らんらら
のんびり小説を書いています
日記ブログはこちら♪

ランキング参加中です♪

クリック よろしく~♪

FC2Blog Ranking

最近の記事+コメント

FC2カウンター

リンク♪

小説ブログの皆様

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。