08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『音の向こうの空』第一話 ①

らんららです。


人生は冒険と恋と、そして幸せに満ちている!
舞台は18世紀フランス…に、似た世界(笑

侯爵家に雇われている青年楽士オリビエ。
音楽を奏でて生きていきたい…
穏やかな日々を送る彼にも、革命の余波が…。


どうぞ、お楽しみください♪


第一話:音、空、恋



シスルーの森のざわめきが午後の木陰にも風として流れる時刻。
しばしの別れを思い、オリビエは腕の中のぬくもりを確かめるようにもう一度抱きしめた。
「ん、楽士さん」
少女の柔らかい頬をむき出しの肩に擦り付けられ、オリビエは吐息を落とす。
「そろそろ時間だ」
「あん」
「ほら、司祭が来る時間だ。アネリア、起きて」
寄り添っていた二人は静まり返った礼拝堂の中庭から、身を起こす。
綺麗に刈り込まれた低木にかけていたシャツを手に取ると、オリビエはその脇に転がる少女の靴を彼女の足元に揃えて置いた。
まだ十六の少女、アネリアは乱れた胸元のボタンをしっかりはめなおし、スカートについた木の葉を払う。
オリビエも靴を履き終えると、少女の髪に絡む白い萩の花びらをとってやる。
「ね、明日も同じ時間に」
アネリアのおねだりは何時も青年の胸元にしっかりと両手で捕まって上目遣い。
その眼差しにとく、と鼓動を感じるが、オリビエは小さく肩をすくめてごめんね、と謝る。
「明日、侯爵様に新曲の披露なんだ。昼から午後にかけての小さな茶会がある」
「また侯爵夫人の熱い視線に耐えなきゃいけないのね。あの人がオリビエを見る目つきって同じ女性として恥かしくなるほどあからさまよ」
「君こそ、侯爵に気をつけなよ。前から思っていたけど、この家のメイドの服ってここがやけに空きすぎだよ」
オリビエは少女の胸元を軽くつつく。
「平気よ。これで愛しの楽士さんを誘惑できるなら」
アネリアはその武器をしっかり青年の胸に押し付け、口付けを交わす。そうかと思えば次の瞬間にはくるりとスカートを翻し、数歩先を歩く。午後の日差しに眩しい一瞬の姿は、花の香りのように心をくすぐり淡く消える。覚えた花の名をいくつも心に並べながらオリビエは少女を例えようとその香りを追う。
「侯爵様はね、ちょっと違うのよ」
「違う?」
「そうよ。侯爵様は、元軍人でいらっしゃるからか、すごく堅実な方よ。オリビエみたいにこんなとこばかり見てないもの」
「ひどいな」
苦笑する青年にアネリアは笑みを咲かせる。
ブルネットの巻き毛を遠く響く鐘の音が風に乗って揺らした。


温かい午後のひと時をメイドのアネリアと過ごすのは、オリビエの唯一の楽しみであった。密かに二人で侯爵家の敷地内にある小さな礼拝堂に忍び込み、回廊に囲まれた中庭で寄り添う。
見つかればただでは済まされないが、それは蜜のように甘い誘惑で、二人はもう二月程続けていた。

アネリアが厨房のある母屋へと向かうと、オリビエは離れの一角にある音楽堂に向かう。小さな六角形の建物は四階建ての離れの南東に張り付くように作られている。丸い屋根と風見鶏を乗せたそこはまるで鳥かごのようだと遠めに見るたびにオリビエは思う。そして、うんざりする。

分かっている。
自分に出来るのは、音楽を奏でることだけ。

それで一応は生きていけるのだから、幸せだと思わなくては。

次へ
関連記事
スポンサーサイト

tag : *

松果さん♪

うふ~ロマンチックか~描けるかな?
って、エレインとオーリのシーンはどきどきですよ♪しっかり恋愛です♪

おひさしぶり

自サイト作りにかまけてなかなかコメントできなくてごめんね~
やっと書きにきました。

18世紀・・・むわー、どっぷり浸ろう。
ロマンティックな恋愛表現って私は苦手なので、らんららさんの作品世界で夢を見せてもらってます。

ユミさん♪

ありがとう~♪
雰囲気を壊さないよう、うふ、がんばります~♪
いずれ、遠い先ウィーンも舞台にするつもりです!モーツァルト、よりは少し後の時代。ぎりぎり、後、くらいかな?
楽しんでくださいね~!

妙に

胸の高鳴りを感じてしまいました^^;
お久しぶりです♪
新しい物語、18世紀のヨーロッパ、素敵な雰囲気です。
ちょっと時代は違うけれど、頭の中は、モーツァルトやベートーベンが、
グルグルと回っていますわ^^

緑輝く庭。澄み渡る空に響く教会の鐘。
ロマンティックです♪
二人の恋も始まったばかり、楽しみです~。

ミナモさん♪

ありがとう~!!
実はまとめて数話ずつ公開しているんです。変わりに続きの公開は6月21日くらいの予定なので(^∇^)ゆっくり、楽しんでくださいな♪

文章…がんばりたいのになかなか。難しくて、だから楽しいですよね♪小説を書くって!
らんららもご無沙汰していますが!
ジュピターの可愛い姿を追って行きますよ~!

あぅっ。忙しさにかまけていたら…。

あ~、今回は一緒について行くって決めたのに…。
いやいや、まだまだ間に合うぞっ!

今回は、純文学を意識。
うんうん。
なんか文の感じが違いますねぇ。

なんだかワクワクします♪

幼い2人の関係が、なんだか甘酸っぱい感じですね♪
続き、楽しみに読ませてもらいま~す♪
Secret

プロフィール

らんらら

Author:らんらら
のんびり小説を書いています
日記ブログはこちら♪

ランキング参加中です♪

クリック よろしく~♪

FC2Blog Ranking

最近の記事+コメント

FC2カウンター

リンク♪

小説ブログの皆様

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。