10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「音の向こうの空」第一話 ⑤



「しかし、あの、アネリアは」
「あの子は、明日北へ向かいます」
「ヘスさん、僕は彼女と話がしたい」
強引にでも、扉を押し開こうとする。
どん、と。開きかけた扉がまたも途中で止まった。
扉には、無骨な大きな手がかかっていた。
「会わせてください!」
「楽士様、あんたとあっしらは身分が違うんだ。構わんで下さい」
扉を頑として押さえつける男、下男のモスだ。昔から庭師の助手をして花壇の手入れをする姿を音楽堂から見ていた。たまに声をかけたり、話したりした。
無骨な物言いの男だが気の優しい男だ。
「モス、開けてくれ!」
ふと扉が開き、駆け込もうとするオリビエの肩をモスが押し出した。
「モス!」
そのまま階段の手前まで押され、モスの大きな背中の向こうで扉がガチャリと閉じられた。
「楽士様、落ち着いてくだせえ。わかってるだよ、あっしらは、あんたを恨んだりしません。仕方のねえことだ。あんたが悪いんじゃない。けど、あの子はここにいたら、これからもつらい目に会う」
「だから、僕が」
「無理だ、分かってるだ。無理してそんなことすりゃ、あんただって追い出される。あっしらと同じ、あんただって結婚するのも侯爵の許可がいるはずだ。無茶しちゃなんねえです」
モスを突き放そうとしたオリビエの拳が止まった。
「分かっていますよ、アネリアだって。しちゃなんねえことしたんだ、あんたは侯爵様のものだ。奥さんのものだ。アネリアは他人のもんに手を出したんだ。そりゃ罰せられる。あんたは若い年頃の娘には毒だ。そばにいればきっとまた、同じことになる。だから、もう、こんなところに来ちゃなんねえ」
いつの間にか、オリビエはその場に膝をついていた。
胸の前で組んだ手に力が入り、小さく震える。
「僕は…」
アネリアの声が思い出される。
ほんの、つい数時間前まで幸せだった。
幸せなひと時をすごしていた。
それは昨日も、その前もだ。
これまで続けてこられたのに、突然ここでなかったことになるのか。こんな最悪の形で。
ついた膝の下のレンガ。二人で寝転んだ中庭を思い出す。
昼下がりの日差しを吸い込んだ太陽のぬくもりが二人を温めた。
なのに今膝の下にあるそれは冷たく彼を拒絶した。そこに小さく、拳を打ちつけようとする。寸前で手首をモスにつかまれた。
「さ、立ってくだせえ。楽士様。あんたのこの手は、大切な手だ。怪我なんかされたらあっしら何人が鞭で打たれるか。あんたが無事で、よくお勤めしてくれることがあっしらを助けるんでさ」
モスの腕には昔の鞭の後が褐色の肌に桃色の傷を残していた。伝え聞く奴隷とは違うが、扱いは同じようなものだった。迷惑をかける。
自分の気持ちを押し通せば、彼らにも影響が及ぶのだ。
「…すまない。アネリアに、…いいや、何も。何も伝えないで欲しい。僕がここに来たことも言わないで。…そうだ、僕は、彼女を裏切った。だから、憎んでくれていいから、僕のことは忘れて…」

不意に髪をなでられた。
見上げると、モスがしゃがんで泣きそうな顔で笑っていた。日に焼けた顔がランプの明かりで照らされて鼻の頭がてらてらと光っている。
「それも、夫人から言われただ。あの人はあんたのことをペットかなんかみたいに話した。それで、アネリアは我慢できなくて口答えしたんだ。皆分かってる。だから、自分から悪者になることはない。あんたはいい人だ。ただ、そういう運命に生まれちまったんだ」
オリビエは黙って頷いた。
立ち上がると夜風が頬に冷たく触れた。


その夜。
オリビエは自宅でチェンバロに向かっていた。
何度も何度も、思いのままに弾きつづけた。
弾いても弾いても。
その夜だけはいつもの空虚な満足感を得ることはできなかった。
しまいには荒っぽく鍵盤をたたき、突っ伏し。
そのまま、寝室へと向かった。

次へ
関連記事
スポンサーサイト

deep blueさん

わ~♪きてくださったんですね♪
嬉しいです!
らんららはすっかり、書くのに夢中で、ネットから引きこもりになっています。
恋のお話、そして、オリビエの生き方のお話になっていくかと。少しは上達したいなと、文章、がんばってみます♪
妄想逞しく楽しんでくださいねっ♪

楽士オリビエとアネリアの恋のお話ですね。
ここからの読み初めですみません。

舞台はフランス。オリビエの楽士としての舞台、行方不明のアネリア。あ~アネリア君だけなんだ~♪

妄想が止まらない。(笑)楽しみです^^

ミナモさん♪

はじまりから別れ話な感じです(^^;)
夫人に挑発されて怒っちゃったアネリア。恋に走る16歳乙女は強いのです。ある意味オリビエより。
二人はいつか、再会をと画策中です~♪

ああ…。

身分の違い。
切ないなぁ…。

自分の思いを通せば、代わりに誰かが傷付くなんて…。
思いを飲み込む辛さが、ひしひしと伝わってきたな…。

でも、アネリアが、オリビエを肯定するために、口答えをしたなんて。
愛されてるのね、オリビエ。
それが分かるゆえに、やり切れないオリビエの音色が聞こえた気がしたよ~。(涙)
Secret

プロフィール

らんらら

Author:らんらら
のんびり小説を書いています
日記ブログはこちら♪

ランキング参加中です♪

クリック よろしく~♪

FC2Blog Ranking

最近の記事+コメント

FC2カウンター

リンク♪

小説ブログの皆様

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。