06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「音の向こうの空」第一話 ⑥



翌日。まだ侯爵家は誰も目覚めていない時間にオリビエは音楽堂へと入っていった。
楽器の乾燥を防ぐために換気をし、南に面したガラス戸をすべて開く。朝の空気が室内に染み渡り、オリビエはゆっくり息を吸う。
少し重いまぶたを擦り、ぼんやりと朝日の差す窓辺に立つ。色の変わっていく空と明るさを増す庭をしばらく眺めた。

オリビエが今日の茶会のための譜面を再確認しているところに、メイドが二人準備だといって入ってきた。
いつもなら、と思い出す少女がいるはずもなく。けれどアネリアと同じ服を着るメイドたちにどうしても思い出さずにはいられない。
オリビエは胸のうちに湧き出す音を抑えきれなくなっていた。
昨夜、何度も弾き散らした。それでもまだ、同じ音が胸に残る。
二人のメイドがテーブルと椅子とを綺麗に磨き、花台に派手な薔薇を生けている間、オリビエは静かにチェンバロの調律をしていた。
弦を締め、緩め、青年の指が微細な響きを捉え音を変えていく。出来上がる一音は澄み切っている。それがまたオリビエの胸に昨夜の曲を思い出させた。
調律を終えると同時に指が奏で始めた。

アネリア。
花のように笑う少女だった。
黒い髪がしっとりと大人びて見せた。
瞳の青に空を見ながら、何時もそばにいたいと願った。
白い手は小さく、いつも荒れていて。それが愛おしかった。
オリビエの手は綺麗ね、好きよ、そういって青年の手を頬に摺り寄せた。

二度と、会えない。
僕だけが、のうのうと好きな音楽を続けている。


カタン。
床に落ちた小さな音にオリビエの指が止まる。

我に返ると、メイドの一人が慌てて倒れたモップを拾った。
「も、申し訳ありません」
慌ててわびつつ、オリビエより少し年上と思われるメイドは目元をぬぐった。
気付けばもう一人も、小さく鼻をすすった。
「あの、どうぞ、私たちは終わりましたので失礼いたします」
「あ、あの」
「アネリアは」とたずねかけて、聞いてどうするのかと自問し、オリビエは挙げた手を下ろした。
「いや、なんでもない」
二人が深々と礼をし、退室するのを音で感じながらオリビエはぼんやりとチェンバロの前に座っていた。
立てた反響板には澄み切った空。
蒼い空に白い雲。そこにはそれ以外何も描かなかった。通常はこの反響板の絵も茶会を彩るものなので花や美しい動物や風景が描かれる。だが、オリビエはごてごてしたものは嫌いだった。
侯爵が随分シンプルだなと笑い、同じく侯爵のお抱えの画家が「鳥でも描きましょうか」と申し出たが、オリビエは「鳥はいつまでも同じ空を飛んでいられないから、このままでいいんだよ」と応えた。画家は何か感じるところがあるのか黙って、強く頷いた。
自由な空に、憧れていた。


「君は」
もう一人、聴いていた人間がいたことには気付かなかった。
慌てて立ち上がると、楽器の向こうに男が一人立っていた。テラスから入ってきたのだろう。
栗色の髪を一つに束ね、背の中ほどまでにたらしている。黒いビロードのリボンで縛られた髪、シルクのシャツに同色のチーフを蝶々結びに縛っている。それは首都では上流貴族の間で流行しているのだといつか侯爵夫人が言っていた。上着の襟に施された金の刺繍。紺色のベスト。貴族だ。
三十代後半。彫りの深い印象的な顔の男だ。
「どの楽士に指導を受けたのかね」
「はい、私は指導というようなものは一度も。師と扇ぐとすれば、亡き父だけです」
男は組んでいた腕を解いて、オリビエの傍らに立った。あまりにもそばによるので、並んで背を比べるのかと思うほどだ。
思わず一歩下がる青年にくすくすと笑みをこぼした。

次へ
関連記事
スポンサーサイト

chachaさん♪

あらら、こちらに!?
ありがとうございます~(^∇^)
長いですよっ!お覚悟を~(笑

オリビエ、ちょっと頼りないけど、ふふ、美男子の予定です♪
あんまり行動的でもないし、元気でもない主人公ですが、それなりに頑張る予定です♪
音楽の表現をいかに描けるか、が挑戦でもあり楽しみでもあった作品。
楽しんでいただけると嬉しいいなぁ~♪

欠乏症を防ぐため…

実は尻込みしていたこちら、手に取らせていただきます^^
ブログを離れていた間にちらちらと読んではいたのですが…
うん、ちゃんと最初からまた読みなおそうと思いまして♪

オリビア、もう超絶の美男子を思い浮かべておりますとも、えぇ^^
早速オリビア、恋路に不穏な空気が…
難しいんでしょうか、やっぱり。二人の立ち位置からすると、無理してはどちらも不幸になる気がしますし…
どんなに理想を掲げても、夢を語っても、どうしても出来ないこともこの世にはありますものね;;

本当に、伯爵夫人にはワタクシご立腹ですよ!むん!
伯爵にバレてるのか、いないのかで冷や冷やしつつ…
また続き読みにきます~♪^^

ユミさん♪

オリビエの恋路は厳しいですよ~(笑

この時代。丁度狭間です。時代の変化を描けるか、不安と同時にわくわくしています♪

たっぷり書き溜めてしっかり推敲したいからゆっくりこうしんですが♪お付き合いください♪
今回はどうやらロマンチックなお話になりそう…

伯爵夫人のヤツ~~!!
若く、淡い恋を邪魔するんじゃないわよ~><
でも、引き裂かれると熱く燃える?!ってことにはならないですかね?
この時代じゃ、無理かな…。オリビエも自由の身じゃないんですものね。。。

オリビエの甘く、切ないチェンバロの音を本気で聞いてみたいと思って
しまいましたよ♪
Secret

プロフィール

らんらら

Author:らんらら
のんびり小説を書いています
日記ブログはこちら♪

ランキング参加中です♪

クリック よろしく~♪

FC2Blog Ranking

最近の記事+コメント

FC2カウンター

リンク♪

小説ブログの皆様

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。