10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「音の向こうの空」第一話 ⑩

10

テーブルではグラスの水が静かに波を収めたところだった。
「だめだ」
「あの、一人前でないことは分かっています、ですが、その」
「料理が冷める。食べなさい」
「侯爵様、私には愛する女性がいます!」
いつの間にか胸の前で両手を固く握り締めていた。
そこに包む想いを強く強く固め、それは凍りついた雪球のように侯爵の額に革命的な一撃を。

「……どうか、アネリアとの結婚をお許しください」

「小娘に入れあげるのも一時。お前は家庭を築くためにここにいるわけではない。私のために曲を奏でるのだ。それ以外のことは許さん」

息すら、許されない気がした。

投じてもなお、拳に冷たさを握り締めたままオリビエはうつむく。額に当てた拳の下、溶けた雫が瞳を潤ませ睫を飾るが。侯爵は言った。
「言っておくが。このスープは冷めると不味いぞ」

オリビエは綺麗に飾られたトマトをひっくり返し、銀のフォークで突き刺すと口に運んだ。
飼い犬のような。愛玩動物なのだ。
オリビエは胃が要求しないにもかかわらずとにかくこの時間を早く終わらせたくて、もくもくと食べ続けた。
スープには冷めるまで手をつけない。そんな小さな反抗すら、目の前の侯爵は面白そうに眺めていた。

お遊びの、道具なのだ。

アネリア。

ごめん。

自分のナイフを持つ手にふと目が止まる。白い手。傷一つ、つけることを許されない手。音楽を奏でるためにある、手だ。
今もむせながらこぼれそうになる涙を音に変えたくて、生き物のようにうずうずしている。
鍵盤があればまた踊りだすのだろう。曲という形になれば、オリビエは何を叫んでも怒鳴っても許された。食後に披露した即興の曲に侯爵は黙って聞き入っていた。
オリビエは奏でるしかない。

切ない思いを。
自由な恋。
空を羽ばたく。

音だけは誰にも捕まらず空を翔る。

第一話 了

第二話へ♪

いかがでした?
ファンタジーではないのです。純文学系を目指したらんららの新しいバージョンとでも言えるのかな?
冒険ファンタジーが子どもたちも楽しめる、をモットーとしているのに比べ、ちょっとお姉さん的な作品です。いや、お兄さんか…
文学を意識しているので、余分な改行やわざと短い文章にしたりはしていないので。ちょっと読みにくいです。ごめんなさい。
赤毛のアン的な存在になるといいけど…目標は高い♪
ああ、がんばります~
関連記事
スポンサーサイト

龍くん♪

お久しぶりです~!
んふふ、お元気そうで何より♪
上達しました?嬉しいなぁ~そういっていただけると。しっとりとした物語を目指すはずで、この第一話くらいはそんな感じなのに、話が進むにつれ結局冒険になっているのはなぜと、最近思いますよ(笑)

ブログ再会なのですね♪また、遊びにいかせて貰いますよ~!!

まだ、覚えていてくれたら幸いです。

新生活の忙しさを言い訳に、すっかり色々さぼった神月です。
ようやく、動き出す気になり、こちらに訪問しました。
とりあえず、「音の向こうの空」
第一話は読了。
感想は、本当に上手くなったなぁ、と実感しました。
らんららさんと知り合ったころと比べて文章に幅がでて表現がより分かりやすくなっています。
言い回しもうまくなったことで、同じ場面分にしても以前より文章量も増えていますし。
やっぱり毎日書く人はちゃんと上達するんですね(しみじみ
自分なんか、上達どころか退化してるしなぁ……
と、愚痴ってる場合じゃないや。
とにかく、この新シリーズ、楽しく読ませて頂きます。
また、自分もブログを再開し、週一の更新を頑張っています。
今週中にもショートをあげる予定です。
よかったら、いらして下さい。
それでは、お互いに頑張りましょう。
失礼しました。

兵藤晴佳さん♪

わわ、ご訪問いただいてっ♪嬉しいです~!!
耽美…初めてそう言われました…そうかぁ(v-391)←なんだか嬉しいらしい
これまで子ども主人公の作品が多かったので、そういっていただけると一皮むけた気分で嬉しいです!
ありがとうございます!

はじめまして

 はじめまして。第1話読了したしました。
 耽美ですねえ。その一言に尽きます。
 年増女や周辺の方々の濃い描写が、主人公の耽美さを際立たせております。
 第2話以降も、ゆっくりと拝見させていただきます。

chachaさん♪

一気に!!v-405
嬉しいです~。
そう、ファンタジーでないので、どうなんだろうと思いながら。
ちょっぴり、色っぽいシーンも描きますし~♪
楽しんでいただけると嬉しいな!

まず第一章を^^

らんららさんの新しいバージョンを見た気がします!素敵です!うんうん、らんららさんの描く世界って純文学かもしれない♪
文章がとっても、そんな感じな気がします。あぁ~読む目が、心が、澄んだみたいに心地いいです☆ほぅっと吐息が漏れちゃいました^^

オリビエの奏でる曲、まるで実際に聴いているようでした♪あぁ~切ないっ><
でも、しっかり言うことは言った!そこは本当にえらいぞ!うんうん^^

この世界、この時代では難しいのでしょうね…身分によっては自由に恋すら出来ない。悲しいです。

また来ますね^^

松果さん~!!

すっかりお返事が遅くなっているっ(><)
ごめんなさいっ
何しているんだ自分…

かごの鳥オリビエ、反抗期の年齢ですよ~♪
いろいろと刺激を受けて、どう成長するのか!
楽しみにしてください♪

く~っ!

カゴの鳥かあ・・・
そういう時代だったとはいえ、若いオリビエにはなんて酷なこと。
でもその切ない思いが美しい音を生み出していると思うと、皮肉ですね。
これからどうなっていくのか、ドキドキしながら第ニ話へ読み進みまーす♪

ユミさん~♪

ありがとう!
アネリアに聞かせてあげたい言葉でしたね~!!
あえなく玉砕ですが。
オリビエ、大人しいけれど心は強くいて欲しい、らんららの願いです(笑

ゆっくり更新ですけど、だんだんとドラマチック(?)になっていくはず~。
楽しみにしてくださいね!

素敵です♪

でも、痛いです、心が。
自由を許されなくって、籠の中の鳥のオリビエが…!!
閉塞の中でもキレイな音楽を奏でられるのだから、
自由になれたら、もっと音が広がるんじゃないかなぁと
期待しちゃいます^^

でも、よく言ったなぁって感心しちゃいましたよ。
結婚したい人がいる(しかもアネリアだってことも)って^^
いつかオリビエが自由に羽ばたける日がくるといいですね!

kazuさん♪

わーい!お久しぶりです♪
お元気?
らんららもやっと仕事の山場を越えて、執筆の森に引きこもり中♪
ありがとうです!
次回から7話、約二週間に一回の更新にしてみようかなと♪というのも、二週間に一回、らんららは土日月と三連休なの♪ちょっぴり余裕があるので~(^∇^)
オリビエちゃん、大人しい青年です♪青年っていうか、18、いや、この時代なら青年ですね。
男爵はこれからのキーマンだったり♪
12歳に付きまとわれる二十歳はどんな気分かと想像すると微妙ですが(笑)
楽しんでくださいね~。

テンプレ、今回この背景映像を素材屋さんからお借りしてみました。
小説にあっていますか?嬉しい~(^v^)

らんららさん、こんばんは^^

新しい小説、始まりましたね!!

一気させていただきました。

そして一気に切なくなるkazu osino

18世紀のフランス
身分差別が当たり前の世界の中で。
愛する女性を自分のせいで、遠くにやられてしまったオリビエさん。
自分を持ち物としか思わない、公爵・公爵夫人。

皆、自分の立場で、自由を求めつつ、差別社会を諦めながら生きてる。

その中で異色のロントーニ男爵!
12歳で20歳の女性を口説いた、男爵にkazu 釘付けです(笑
素敵~♪いいっ

読みにくくなんて、全然ないです!

らんららさんの新しいバージョン
楽しみに21日を待ちます♪

p.s
テンプレ、凄く素敵ですね^^
小説にあっていて、雰囲気が醸し出されてます~
Secret

プロフィール

らんらら

Author:らんらら
のんびり小説を書いています
日記ブログはこちら♪

ランキング参加中です♪

クリック よろしく~♪

FC2Blog Ranking

最近の記事+コメント

FC2カウンター

リンク♪

小説ブログの皆様

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。