10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「音の向こうの空」第二話 ①

―第二話『少女、歌、奏で』―


オリビエンヌ・ド・ファンテルが音楽に才能を持つのは生まれながらの環境といえた。

父はこの小さな二階建ての家で貴族やブルジョア階級の子供らに音楽を教えながら、侯爵家の楽士として勤めていた。王宮に招かれ音楽会の主役になったときもある。
少年だったオリビエはそれを誇らしく思っていた。

家では母親が父の演奏に合わせてよく歌を歌い、伸びやかなソプラノを真似しようとオリビエも子供ながらに声を張り上げた。母マリアは人前で歌うことははしたないと考えていた。だから彼女の歌声を知っているのは父とオリビエだけだった。

この教区の司祭である祖父の教育のせいか母マリアは誰にでも優しく、父が音楽を教える生徒たちにも慕われていた。幼いオリビエはそれに嫉妬し、そのどの生徒より優秀であろうとした。
誰よりも長く音に親しみ、歌い、奏でた。

学校は嫌いで、半日我慢するとすぐに近くの公園へと逃げ出していた。逃げ出した翌日には「ロバの席」に座ることになったが、それはあまり気にならなかった。怠け者の象徴として教室に設けられたその席は、丁度日当たりのいい一番前だった。

反対側に「栄誉の席」があったが、そこにいつも座る常連の男の子とは仲が良かった。先生が結婚式の手伝いに借り出された翌日などは、まだ酒臭い息をしてたまによろけたりするから互いに目を合わせてはくすくすと笑いあっていた。

基本的には個別授業。ラテン語もフランス語も得意だったオリビエは、祖父の影響で聖書もよく読めたし、怠け者だったが手のかかる生徒ではなかった。授業中も放っておかれることが多く、オリビエも出来るだけ質問しないようにと黙り込んでいた。

昼の十一時にいったん学校が閉じられる。寄宿している子どもたちは寄宿舎に食事に戻る。オリビエは母親にパンを持たされることが多かったが、大抵その時間に抜け出すと午後の授業に出席することはなかった。
ふらふらとどこかで時間をつぶし、こっそり家に戻る少年が一人でチェンバロに向かう姿を母親は黙って見守っていた。夕方からの家での音楽学校で、貴族たちに負けないようにとオリビエは懸命に楽器に向かっていたのだ。

ふと。
公園の風景を。あの時眺めていた道行く人々を音にしてみたくなる。

毎日、池の絵を描いていた老人。覗き込むと春なのに秋の風景だった。理由を問うと、納得がいかずに同じ絵を何度も修正し描き続けるうちに季節が変わってしまったのだと老人は応えた。
面白い気がした。彼にとってはまだ、秋なのだ。
彼の絵の中に描かれていた子犬は、その時には立派な成犬で毎日ご主人の派手な貴婦人に引かれて散歩していた。
少年にとって不可思議で面白い世の中の人々。彼らを曲にする。

そうして、オリビエはペンを執り、五線譜に音の印を並べていく。


窓の外はすでに夏の盛りを過ぎ、夕刻の風は涼しさを増した。今年もまた秋が近づく。

秋は苦手だ。
両親を失った季節だから。

ふと、公園の景色から余計な想いへと思考が飛んだことに気付いて、青年は頭を軽く振る。あれからもう、五年が過ぎようとしている。時は容赦ない。
そう、アネリアを失って半年になろうとする。
容赦ない。


次へ♪
関連記事
スポンサーサイト

松果さん♪

ありがとう!
そう、どんどんと(笑
展開がゆっくりなのと、ちょっと書き溜められたから。

オリビエの少年時代。
好きなことに没頭して生きてきましたよ♪ある意味らんららの理想が込められています♪
さ、つづきをどうぞ~!

うわ~

お久しぶりです。しばらく書き込まないうちに、お話はどんどん進んでいく~(汗)ホント、時間は容赦ない。

オリビエの少年時代、そうか、学校よりも音楽!だったのね。音に魅入られたたような彼の性格は、こうして醸されていったのかぁ~

ユミさん♪

情景、浮かびます~?嬉しい!
街角で音楽を奏でる青年♪いいな~行きたいな~!
いろいろと妄想を逞しくして楽しんでくださいね~♪

あぁ…

苦しい過去が他にもありそうですね、オリビエ。
んでも、ものすごく情景浮かびますね~♪
ウィーンやプラハで出会った、街角で音楽を奏でる青年を
思い出してしまいました☆
Secret

プロフィール

らんらら

Author:らんらら
のんびり小説を書いています
日記ブログはこちら♪

ランキング参加中です♪

クリック よろしく~♪

FC2Blog Ranking

最近の記事+コメント

FC2カウンター

リンク♪

小説ブログの皆様

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。