08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「音の向こうの空」第二話 ④

―第二話『少女、歌、奏で』―



翌日。
昨日と同じ時刻にオリビエは少女の姿を探し窓辺に立っていた。
朝のうちにメイドに頼んだお菓子は甘い香りを部屋に漂わせていた。

「どなたにさしあげるのですか」と丸い手を持つメイドのシューレン夫人は面白そうに青年を見上げた。オリビエは十三の時から世話になっている。彼女にしてみればオリビエは子供のようなものなのかもしれない。
仕事を手伝って欲しい子がいて、その子をお茶に誘うために欲しいのだと告げると「じゃあ、今日は私が残りましょうか。」と興味津々だった。なだめて帰らせたのはつい先ほどのことだ。

ワフン。

聞いたことのある鳴き声。
オリビエは窓から庭の向こうの通りを眺めた。
走る犬の少し後を、あの少女が歩いてくる。まだ表情は見えないほど遠いが視線が合ったと感じた。
夕闇が近い。隣の家の三本の糸杉の一つ目に隠れて姿が見えなくなる。すぐに現れ蒼いスカートが見える。二本目に隠れ。

現れない。
と、引き返す姿。

「ちょっと、待って!」
思わず大きな声を出して、窓から身を乗り出す。

糸杉の向こう。斜めに延びた影が三本黒々と赤茶けた小路に横たわるだけだ。
嫌われたのだろうか。
せっかく焼いてもらった菓子も意味がない。キシュ、といった。どこの娘だろう。
こうなったら家を探し出して正式に雇うか。そんな余裕があるかどうか分からないが、どうしてもあの歌声を聴きたい。
ワフン。

ワフン?

気付くと腰高の窓の外に犬がきっちり前足を揃えて座っていた。
嬉しそうに尻尾を振っていた。
「お前、もしかして」
オリビエがお菓子を一つ、窓の下に投げてやる。
ランドンは夢中でがぶりと飲み込んだ。
「飲み込んだ」
思わずそのまま繰り返す。
すでにランドンは何事もなかったかのような顔をしている。

なんだ、もっと味わえよ、シューレンさんの料理は美味しいはずだ。手が込んだお菓子なんだ。

尻尾を振って二つ目を要求するランドンをちらりと睨み、オリビエは二つ目を落とす。
わふ、と礼もそこそこに犬はまた、一飲み。
「咬まないと喉に詰まるぞ」
犬は首をかしげた。
「だから」
窓辺に乗り出すと、犬は急に立ち上がって前足を持ち上げる。
「わ!」
驚いて、数歩下がる。
犬は窓枠に両の前足を乗せると、嬉しげに顔だけをのぞかせて舌を出す。
「ランドン」

少女の声。
慌ててオリビエは窓に近づいた。
「君」
「こんにちは、変な楽士さん」
睨む真っ直ぐな瞳に、また言葉に詰まる。

変。その攻撃的な言葉はどういう神経から生まれるのか。理解できないから反論も出来ない。容赦ない攻撃を少女は繰り返す。

「そんなところにこもってないで、出てくればいいのに。ねえ、ランドン」
犬は先ほどの菓子の恩も忘れたのかすっかり少女にじゃれついている。
「それとも楽士さんは犬が怖いの?」
「そんなことはないよ」
「じゃあ、きて」
「来て?」

次へ♪
関連記事
スポンサーサイト

Secret

プロフィール

らんらら

Author:らんらら
のんびり小説を書いています
日記ブログはこちら♪

ランキング参加中です♪

クリック よろしく~♪

FC2Blog Ranking

最近の記事+コメント

FC2カウンター

リンク♪

小説ブログの皆様

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。