10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「音の向こうの空」第三話 ③

―第三話『春を待つ鳥』―


北の山々から冷たい風が吹き降ろされる季節。
その年は例年より早く霜が降りた。寒い時期には音楽堂にストーブが焚かれる。一年ぶりに火を焚くそれのために、煙突を下男のモスが掃除してくれた。
こんなものが引っかかっていましたと、主のいない鳥の巣を見せた。

「取ったのか?来年鳥が困るだろう」
真顔で元に戻す方法を考えるオリビエに、モスが煤だらけの顔に白い歯を見せて笑い出した。
「楽士様、本気で空っぽの巣のために、この冬ストーブなしで過ごされるつもりですかい?あっしは反対しませんがね、皆外套を着たまま震えて曲を聞かなきゃなんねえですよ?」

「……そんなに、笑わなくても。ちょっと、戻せるか考えただけだろ。あんまり綺麗に丸く出来上がっているからさ。鳥もバカだな、こんなところに巣を作ったって取られるのに」

「鳥は利巧ですよ、どんなに自由に空を飛んでても、羽を休める時期と場所が欲しいんでさ。今はもっと南の暖かいところに渡りの最中でさ。それにね、なくなりゃまた、作るんでさ。それが鳥ってもんだ」
オリビエはしげしげと丸い木の枝で作られた巣を見つめた。

「オリビエ様は、鳥が好きなんですね」
「あ、まあ、ね」
自由に、空を飛べるから。


「あっしはどうにも不憫に思いますよ」
「鳥が、不憫?」

「翼があるのは、飛ばなきゃなんねえからだ。それは、この地上で足をつけて生きていけねえってことでさ。不憫ですよ。いつだって死に物狂いで飛んでるんです」
モスの低いだみ声を聞きながら、オリビエはチェンバロの空を眺めていた。


その日、鳥の巣を持ち帰ったオリビエを、いつものように待ち受けていたキシュがからかった。
「素敵なリースじゃない、羽とかついているし、クリスマスにぴったり?」
「……」

何故持って帰りたくなったのか、オリビエにも分からなかった。綺麗に丸く作られたそれを薪と一緒に燃やそうとしたモスを止めた。帰る場所を鳥がなくしてしまう、そんな感傷を抱いた。冬の間預かって、春に元のところにおいてやれば鳥も戻るのではないかと。巣に宿る小さな命がちいちいと可愛らしい鳴き声を聞かせてくれることを想像すらした。
「どうしたの?オリビエちゃん、おかしいよ」
「いいんだ、これは」
「ま、ヘンタイの考えることは分からないけど」そうあきれる少女の脇で、ランドンは鼻を鳴らして青年の持つそれに興味を示す。
犬から避けて、キッチンの食器棚の上に隠した。

「何これ!」
オリビエをからかおうとさらについてきていたキシュがテーブルの上にぎっしりと積まれた色とりどりの箱に飛びついた。

丸いもの、四角いもの、小さいもの。どれも派手なリボンをつけてテーブルの上だけがパーティーのようだ。

「ねえ、オリビエ、これ何?贈り物?ねえ、何、なんなの!?開けていい?開けるよ?」
一気に子どもっぽくなる少女にオリビエは「手を洗ってから」とたしなめる。
「何、年上ぶって失礼な」と文句を言いながらも素直に手を洗ってくるのは、包みの中にお菓子があることを想像しているのだろう。
少女の予想通り、いくつかの箱にはキャンディーやクッキー、肉の燻製などが入っていた。

「これ、ねえ、こんなにたくさん、なんなの」
止めるまもなくキャンディーをポケットに詰め込んでいる少女にオリビエは湯を沸かしながら応える。
「侯爵家からのクリスマスの贈り物だよ」
「……オリビエって愛されてる」

まだ、遠慮の一つもなく包みを開け続けている少女は派手な飾りボタンと刺繍の入った上着を引っ張り出すと羽織ってみる。もちろん大きいために垂れた袖は少女の膝に行儀よく乗っている。すでにその膝には大きめの手袋とアルパカのマフラーがかかっている。真っ赤なヒイラギ模様のセンタークロスをびらびらと広げてランドンにかけようとする。
「キシュ、あんまり散らかさないで欲しいな」
「ね、ねえ、これ、いいな、素敵」
キシュが取り出したのは、深い紅色のコートだ。

「あれ、これオリビエには小さいじゃない、あたしもらってあげる」
「それ、新しいものじゃないんだ」
「いいよ、綺麗じゃない、素敵。ありがと、あたしにだってクリスマスは必要よね」
「僕から」
「え?なんか言った?」

「僕からの、プレゼントだよ。と言っていいかわからないけど」
オリビエはせっかく入れた温かいお茶も、置く場所が見つからず持ち上げたポットをまた置いた。

「さ、夕食。ほら、それ片付ける。リビングに持って行って。後で見よう、明日侯爵様にお礼を言わなきゃならないから。運んで」
「ねえ」

オリビエはまだ未開封の箱をいくつか抱えるとリビングのテーブルに運んだ。後から赤いコートを抱え、オリビエの上着を羽織った少女とテーブルクロスを背中に乗せたランドンが続く。
「ねえってば」

「ほら、そこに置いて。ああ、そのマフラーはシューレンさんの分だから、ちゃんとたたんで」
「ねえ、オリビエ!これ、このコート!」
「だから、君へのプレゼントだって」

気配を感じて少女のほうに向き直ると新しい上着が投げつけられた。

次へ♪
関連記事
スポンサーサイト

Secret

プロフィール

らんらら

Author:らんらら
のんびり小説を書いています
日記ブログはこちら♪

ランキング参加中です♪

クリック よろしく~♪

FC2Blog Ranking

最近の記事+コメント

FC2カウンター

リンク♪

小説ブログの皆様

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。