04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「音の向こうの空」第三話 ⑦

―第三話『春を待つ鳥』―


「お前は、十六の時から私の前で笑わなくなったな」

オリビエが侯爵の前で笑わなくなったのがいつからだったか、それは本人も気付いてはいなかった。声を上げて笑う、それまでは嬉しいことがあればそうしていた。あの頃は自由かどうかなど気にする必要もなかった。

「は、あの、そうでしたか。すみません」
謝るようなことでないのに、謝ってしまう自分をおかしいと思いつつ、記憶をたどる。
「お前が誕生日を迎えた頃からだ」
それは、あの晩。
「アンナは上機嫌でお前に新しい上着をプレゼントした」
そうあの晩。
初めて、アンナ夫人と関係を持った。

オリビエは痛いほど肩をつかまれ、乱暴に引っ張られる。侯爵はオリビエを連れて音楽堂を後にした。
向かう先はどうやら母屋。オリビエに与えられた部屋も、そこにある。

あの時、けっして自分から求めたわけではなかった。侯爵が恐ろしかったし、自分の立場を考えればしてはいけないことだと十分分かっていた。
それでも、夫人の誘惑に負けたのは、初めて酔うほどワインを飲んだからだ。

足元で不快な音をさせるガラス片と、記憶が重なる。

あの日以来、僕は侯爵の前で心から笑えないでいた。
それを侯爵も気付いている。その理由も、気付いているのだろうか。

黙り込んでついてくる青年を、部屋に押し込むと、侯爵は「明日は休暇だ、ゆっくり寝なさい」と声をかけた。

結局夕食を口にせず、ワインだけを飲んだオリビエは異様な空腹感と気持ち悪さに寝苦しい夜をすごした。二度とワインで酔うような真似はしません、この年初めにオリビエは自戒の念と共に神に誓う。

第四話7月8日公開予定♪
関連記事
スポンサーサイト

chachaさん♪

ありがとうございます~♪
男爵。
ふふふ。(←何?

侯爵様、あまり語らない人だけに、行動の意味が分かりにくい。
うん。
寂しい…はあると思います。
オリビエも、自分から周囲に働きかけて変化させるタイプではないので、気にしながらも何もできずにいることになります。

複雑な侯爵さまの心情は、いずれ、はい。
明かされると思います。

この後あたりから、少しずつ、いろいろなことが起こり始めます♪
ゆっくり楽しんでいただけると嬉しいです♪
(新作公開までには、そうとう、時間がかかりそうです…笑)

こんにちわ♪

ここまで一気読み…と言いたいところですが、ちょこちょこ読んでました(笑)
コメント残そう、残そうと思う箇所に、何とも過去の自分のコメントがあるじゃないですか@@;
悔しいので、ここまで辿り着きました(意味不明。笑

侯爵、らんららさんもおっしゃっていますが、どうにも不器用な方なんでしょうね。ロントーニ男爵とオリビエのやりとりを見ての行動で、それとなく…
笑わなくなった、と言ってますけれど。原因を知ってか知らずか、やっぱり寂しいのかな?なんて思ったり。嫉妬に近い?
キシュのこともあるし…この侯爵の手前、なかなかオリビエくん。危なっかしいなと常にハラハラな状態です><

さて、また続きを堪能しに参ります~♪^^

松果さん♪

そうそう、微妙ですよ~。貴族の方々。ますます活躍しますから(笑
キシュは描いていて気楽です♪生活は大変だろうけど縛られるもののない、自由な子です♪
今はただの野良猫さんですけど…さて。
楽しんでくださいね~♪

むむ・・・

なんか、貴族様ってのは屈折してるなあ・・・
侯爵も、アンナ夫人も、ロントーニ男爵も。
その中で翻弄されるオリビエはまさに、じっと冬が過ぎるのを待つ鳥…なのかな。
そんな息が詰まる状況だからこそ、キシュの奔放さが眩しいですね。
さて、続き続きと♪

kazuさん♪

久しぶりの休日に奮起して、二日酔いから早期復帰?を果たしたらんららです!
…神に祈るべきはらんららかも?

侯爵様、kazuさんの言葉を聴いたら黙ってしまうかな~照れて(笑
いろいろと不器用な人ですからね♪

男爵様、株が上がっております!オリビエには刺激になる人ですよね!

さて次回からはファリ!(パリ)

場所を替えての冒険です♪新たな出会いや別れが…お楽しみに~♪

おはようございます^^

おはようございます、らんららさん

読み終えた後、公爵様は、寂しいのかな。
そんなことを、思いました。
もしくはオリビエくんの思うとおり、実は笑わなくなった理由をしってるから・・・?

オリビエくんが自分だけを見てくれる・・・と言うとおかしいですが、こう・・・なんていうか・・・。
笑いあうような親子のような、そんな関係になりたいのかな・・・なんて。
私の望みなのかもしれません。
そうであってほしいという。

ロントーニ男爵、やっぱいいですね!
素敵☆

続き、楽しみにしています♪

Secret

プロフィール

らんらら

Author:らんらら
のんびり小説を書いています
日記ブログはこちら♪

ランキング参加中です♪

クリック よろしく~♪

FC2Blog Ranking

最近の記事+コメント

FC2カウンター

リンク♪

小説ブログの皆様

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。