10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「音の向こうの空」第四話 ①

第四話:思想の騎士、ファリの街


結局あの晩、侯爵がなにを言いたかったのかわからないままだったが、オリビエはいつも通りの春を迎えていた。

音楽堂に昼の日差しが差し込まなくなり、庭の木々が春の盛りを過ぎ緑一色に落ち着きかける頃、オリビエはキシュのおかげで多くの曲を作り上げていた。
それらはどれも好評で、父親を知る貴族にも「父親にないものを持っている」といわせたほどだった。

五月には王立アカデミーのコンクールの噂も聞こえ始める。アカデミーは由緒ある国立学術団体で、学問、文学、歴史、芸術様々な分野の第一人者が会員となり、王国の智の源となる辞書編纂やメセナと呼ばれる学問芸術振興を担っている。年間いくつものコンクールを行い、優れた人物や作品、慈善団体に援助を与えた。

音楽のコンクールは年に数回行われたが、春の音楽栄誉賞がもっとも権威のあるものとされていた。
外国の作曲家や演奏家も参加するほどだった。
その演奏会に行きたい、それはオリビエを高揚させる唯一の憧れだった。

三年前に一度だけ、侯爵夫妻の旅行のついでに連れて行ってもらったことがあった。会場はシャンファーネであったが、エスファンテよりずっと都会で国王の御前演奏会でもあった。
生まれて初めて見る華やかな演奏会、貴族たちに圧倒され、それでも演奏が始まるとオリビエは夢中になって奏者を見つめていた。
その手が膝の上で見えない鍵盤を打つのをアンナ夫人は笑っていた。
最優秀賞を受賞した作品を、滞在していたホテルで再現すると侯爵は気難しげに首を横に振った。
「お前の演奏ではない。真似をする必要はないだろう」
不興だったのだ。
以来、コンクールの話題は侯爵の不機嫌の元となり、コンクールに参加してみたいという小さな野望はオリビエの胸の中深くにしまいこまれた。


「オリビエならきっと優秀賞だよね、そうしたら援助金もらって、侯爵様の犬じゃなくなるじゃない。ねぇ、ランドン」
愛犬をなでながらキシュは言った。
「援助金だけで一生生活できるわけじゃないよ。侯爵様には感謝しているんだ。どうせ飼い犬なら美味しいものを食べさせてくれる飼い主がいいだろう?」
「現金で可愛くないなぁ」キシュは頬を膨らめる。

オリビエの家で夕食やパンを手に入れるようになったからか、それともそういう年齢なのかキシュは初めて出合った頃よりふっくらとし、頬のつやも眩しいほどになっていた。
無造作に束ねた赤毛も、きれいに結わえなおせば美しい女性に変わりそうな予感もあった。服の下に見て取れる痩せた体型も少しは丸みを帯びてきていた。

「なに?」
オリビエの視線に気付いて上目遣いの少女は、何をしたいのか胸元のボタンを一つ外す。
「そっちこそ、なんだよ、それ」
肩をすくめてオリビエが楽器に向かう。

その後姿に少女が顔をしかめて見せたのもオリビエには見えないが。わふとランドンの困ったような声に、見かけほどは成長していない少女を思い、密やかに口元を緩める。

「あ。やっぱりいやらしい顔した」
すぐ脇に立つキシュ。猫のようにオリビエについてきていた。
「いいや、面白いと思ってさ」

そう笑いながら笑みは音に流れる。指が奏で出せばオリビエの意識も視線も何もかもが、音楽に盗まれてしまうことをキシュは知っている。
最近は声をかけても無視されることもある。
奏でられたそれが、数日前に歌ったものだと気付き、キシュも声を合わせた。
二人と一匹のリビングに、少しだけ開けられた窓の隙間から春の夜風が流れ込む。

次へ♪
関連記事
スポンサーサイト

ユミさん~♪

うふふ。
春、いいですね~♪
コンクールかぁ~(←他人事!?
いずれ、とか。考えていますが。

キシュちゃん、可愛くなってますよ~オリビエは気付いていませんが(笑
どうなるのかな~?

こんにちは♪

キシュちゃん、だんだん女性らしくなってきたのかなぁ。
わたしがドキドキしてどうするんだ?って^^;
最後の1小節がいいですよ~。音楽に奪われちゃっても
仕方ないんだって。なんか自然体ですよね。

コンクール是非出させてやってください☆
道が開けそうですよね!!
伯爵様~~プリーズ。
Secret

プロフィール

らんらら

Author:らんらら
のんびり小説を書いています
日記ブログはこちら♪

ランキング参加中です♪

クリック よろしく~♪

FC2Blog Ranking

最近の記事+コメント

FC2カウンター

リンク♪

小説ブログの皆様

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。