10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「音の向こうの空」第四話 ④

第四話:思想の騎士、ファリの街



現国王の弟に当たるロスレアン公は、ファリの中心街に本宅を持ち、そこを商業用のアーケードに改築して商人たちに貸し出していた。
今ではファリでもっとも有名な【ファレ・ロワイヤル】だ。

そこが、ルグラン市長が言っていた有名なカフェ【エスカル】がある場所になる。ロスレアン公の私有地内であるために警察の目も届かず、カフェでは宮廷を批判するような過激な集会も見過ごされている。もうすぐ三部会が開かれるために共和主義者たちの行動は過熱していた。

遠方からの客人を迎えるにあたり、ロスレアン公の計らいでその騒々しい市街の本宅ではなく、少し離れた郊外のこの別邸を選択したのはそういう理由も想像できた。

アンナ夫人が有名な【ファレ・ロワイヤル】に滞在できなかったことを残念がっていたのをオリビエはふと思い出した。

オリビエは自分の荷物、楽譜の入ったスーツケースを下男から受け取ろうとしていた。
「オリビエ」
いつの間にかそばに来ていた夫人に後ろから腕を回され、受け取り損ねたスーツケースが派手に落ちる。

ガタン!
「きゃ」
「あ、アンナ様……!」

衝撃で口をあけたそれから、幾枚かの楽譜がこぼれた。
「失礼しました、アンナ様、お怪我は」
「大丈夫よ、オリビエ。ジャック、お前が注意しないからいけないのよ!危ないわね!」

下男に八つ当たりする夫人を横目に、オリビエは大切な楽譜を拾い集める。
ふわりと風が吹き、一枚が馬の足元に。

「危ない!」

手を伸ばそうとした目の前に誰かが立ちふさがり、オリビエは顔を上げる。

痩せた鼻筋の通った美青年で、二十五歳くらいだろうか。真っ白な軍人風の上着と金糸で飾られたブルーのチョッキを身につけている。黒い膝下までのブーツときらびやかな赤い房飾りのついた剣を腰につけている。あでやかな金髪がその姿をいっそう際立たせていた。

「危ないよ、君。馬に蹴られたら大変だろう」
「あ、はい。すみません」
背後で夫人はまだ御者と下男に当り散らしている。
甲高い声と馬の鼻息。侯爵の近衛兵がざわざわと乱す中、オリビエは目の前の男をじっと見上げていた。

匂い立つような上品さ、声の調子も笑顔を彩る白い歯も。都会の人間とはこういうものなのかと見とれていた。
「私はエリー。王妃つき近衛連隊に所属している」
「あ、初めまして。私はオリビエ。リツァルト侯爵の楽士です」
差し出された手に、支えられていることに気づいて慌てて手を離した。

「なんだ、まだ子どもじゃないか」エリーという騎士の背後から、背の高い男が覗き込んだ。
「マルソー、失礼だろう。お若いとはいえ、立派な楽士だ」
そうたしなめながらも、エリーも口元が面白そうに笑っていた。

「はいはい。音楽などよく分かりませんでね、隊長殿。ほら、これ」
マルソーと呼ばれた男は先ほどの一枚をオリビエに差し出した。
礼を言って受け取る。二人は「演奏を楽しみにしている」とオリビエに笑いかけ、それぞれの馬にまたがった。
緑の芝の美しい庭に、二頭の馬と騎士が小さくなっていく。
競争する楽しげな笑い声が流れて消えた。


午後には侯爵はロスレアン公と共に王宮へ向かった。

広い屋敷に残されたオリビエや従者たちは思い思いの時間を過ごしていた。オリビエは庭を散歩しようかと思ったが、尖がった鼻の庭師に邪魔だと言われ仕方なく屋敷の広間に入り込んだ。夜のために大勢のメイドたちが準備をしていた。今夜はここで晩餐会。数曲を披露する。そして、明日には王宮の夜会に出かける。

広間の片隅に置かれたフォルテピアノ。新しい楽器だ。
そっと近づくと、鍵盤に触れてみた。
重い。
けれど深く響く強い音。

少し周囲を見回す。メイドたちは田舎者の青年など気にもしないように花を飾りテーブルクロスをかけていく。

オリビエはそっと小さな椅子に座り、鍵盤に手を置いてみる。冷たい感触。一つ一つが指に跳ね返るような弾力。音も跳ねる。
ここでは何もかもが日常と違う。初めて牧場に駆け出す子馬のように、柔らかな美しい牧草を踏みしめ感動する。芳しい香り、日差し、細い足に小さな蹄。
白い子馬はタンポポに鼻を近づけ、小さくかじる。
苦い、でも面白い。
ゆらりと揺らした尻尾に何かが絡む。風か、蝶か。
蝶。白い蝶。それを追いかけ、駆け出して。
そして、どこまでも続くと思われた牧場には。
柵が。


そこで、オリビエの手は停まった。

はあ、と誰かのため息で我に帰る。

見回すと、メイドも侍従たちも、じっと聞き入っていた。
「素晴らしかった」
彼らの中、一際華やかな金髪の騎士と黒髪の男。遠乗りから戻ってきたのか、乗馬用の鞭を脇に挟んでいた。
「惜しいところで終わってしまったように感じたが」

オリビエが立ち上がると観客たちは拍手をし、深くお辞儀を返した奏者に二人の騎士が話しかけたところで波が引くようにそれぞれの仕事に戻っていった。

「俺には力強く感じたけどな」
マルソーと呼ばれた男はぽんぽんとオリビエの肩を叩く。
「丁度、茶でももらおうと思っていたところだ、お前も一緒にどうだ」


庭に出された小さなテーブルを囲んで三人が座る。エリーが頼んでいたのか、メイドがポットに入れた熱い茶を運んできた。
その脇に見知った菓子の姿を見つけて、オリビエは数回余計に瞬きをする。キシュのために焼いてもらったものだ。
すかさず「食べろよ」とマルソーに笑われた。
「いえ、そういうわけでは…」

「ここの料理はどれも美味い。さすがロスレアン公だ。身の回りに置くもののセンスがいい。君を呼んだのも分かるね。君の音楽は自由な思想を感じる」
「また思想の話か、エリー」
「そういうが、結局お前が一番熱く語るんだろう?マルソー。たまにしつこいから、カフェにでも押しやってやりたいと思う」
カフェ、とはルグラン市長が言っていた有名なカフェのことだろうか。

「随分だな、俺はブルジョアたちとは違うさ。あんな口だけの奴ら、外国の思想を持ち込んであたかも自分の言葉のように語ってみせる。新しい情報や、貴族と国王の悪口を並べ立てる。気分のいいものじゃないさ」
「どちらにしろ、犠牲を払うのは貧しいものだな」
「ああ」
二人そろって同じタイミングでカップを口に運ぶのを、オリビエはじっと見ていた。

思想。
思想のことはよく分からないが、彼ら二人が何か同じことを考え、意見を共にしている同志なのだと分かった。
それが少し羨ましいとも感じた。
ふと、エリーと目があった。
美しい騎士は組んでいた足をさらりと組みかえる。

「どうした?君は政治や思想に興味はないのかな」
二人の期待を感じて、オリビエは戸惑った。
膝の上におかれたままの手を握り締めた。

「あ、はい。あまり、あの。世の中のことを知らなくて」

明らかに不興を買ったようだった。
エリーはつまらなそうに小さく首をかしげ、再び目の前の同志を見る。マルソーは哀れみすら浮かべ「ま、やっぱり子どもってことか」と笑った。

「どうなっていると思う」
エリーはマルソーに話しかけ、マルソーもその言葉に表情を引き締めた。
「王も大胆なことをなさった。三部会など。まとまるはずもないだろう。また、ブルジョアたちはうまい事をしたさ。人数が倍となっては、僧侶たちの動き次第になってしまった」
「なんだ、お前はどこの味方だ」エリーは笑う。
「さて、俺はこの国の味方さ」
肩をすくめ茶を飲み干すマルソー。二人はひどく大人で、立派に見えた。

次へ♪
関連記事
スポンサーサイト

Secret

プロフィール

らんらら

Author:らんらら
のんびり小説を書いています
日記ブログはこちら♪

ランキング参加中です♪

クリック よろしく~♪

FC2Blog Ranking

最近の記事+コメント

FC2カウンター

リンク♪

小説ブログの皆様

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。