08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「音の向こうの空」第四話 ⑦

第四話:思想の騎士、ファリの街



生まれて初めて跨った馬は想像以上に不安定で揺れた。
そのうち、マルソーが肩を揺らして笑い出した。
「お前、女みたいにしがみつくなよ」
「!」
思わず手を離し、落ちそうになってまたしがみついた。
余計に男が笑った。

馬はいつの間にかゆっくり歩き、オリビエはファリの街の眺めを見る余裕が出来たことに気付く。
「お前、男の癖に馬は初めてか」
「はい。侯爵に禁止されています」
「は?」
「乗馬と、剣術を」
「あきれるな。どこのお嬢様だよ」

そういわれても。
返す言葉が見つからず、マルソーの足が鐙の上で静かに揺れるのを見つめていた。
「もう、戻りたくない」

聞こえなかったのか、マルソーの反応はない。

ルグラン市長が言っていたとおり、五階建ての建物が通りを護るように並ぶ。窓辺には花が飾られ、よろい戸の白が眩しい。建物の隙間からのぞく細長い空が、少しばかり黄色く見える。夕方が近づいていた。

今夜、晩餐会で演奏する約束。
それは、本当に演奏するのか、侯爵の言っていた仮病で止めるものなのか。
どちらともつかない。
いいや。
オリビエは首を横に振った。
自分で決める。
演奏は、しない。



マルソーが馬を止めたところは、当然見知らぬ街角だ。通りに面した店の軒下には、真っ赤な木の椅子とテーブルがいくつか並ぶ。街の人たちがくつろぎ、コーヒーを飲んでいた。貴族風の人もいれば、僧侶らしき人もいる。
鋳物の看板には、「エスカル」と掲げられていた。

マルソーはにやりと笑いかけ、オリビエを中に連れて行く。
マルソーの知り合いらしい数人が声をかけ、男は愛想よくそれに応えた。
「なんだ、今日はまた若いのを連れてきたな。お前の部下か」
でっぷりとした店長らしき男が黒いエプロンで手を拭きながらオリビエに笑いかける。
「こんにちは」
青年の挨拶に男はリンゴのような頬をにっこりとさせ、パイでも食べるかいと皿を差し出してくれた。
マルソーと並んでカウンターに座ると、オリビエは落ち着かずに周りを眺めた。
思った以上に広い店内。硝子のはまった南面の窓から傾いた日差しが差し込む。日陰になった場所では黒い背広姿の数人の男たちがテーブルを囲んで何か話し込んでいる。
カウンターの右隣でも、二人の男が真剣に何かを話していた。二人の手には新聞らしきものが握られていた。
「ほら、冷めるぞ」
マルソーに背を叩かれ、目の前に飲み物が出されていることに気付く。

「あ、はい。あの、僕何も持っていないんです」
マルソーが変な顔をした。
「現金を、持ったことがなくて」
「は?」
男の黒い瞳が丸く開かれるのを、オリビエは頬が熱くなるのを感じながら見上げた。
「すみません。両親がなくなってから、すべて侯爵に預けてあって、それでも不自由しなかったので」
「あー」
マルソーの手がガシガシとオリビエの頭をなでた。

「わかったぞ、お前。そうか。おい、ベッツ親父、こいつに乾杯だ。今日、こいつは人間になった!」
「え?」
「なんだそりゃ、マルソー」
カウンターの向こうで店主が笑った。
「侯爵家の飼い犬だったのさ、それが今日、初めて飼い主に噛み付いた!記念すべき日だ」
「か、噛み付くなんて」
マルソーの大声に、慌てて止めようとするが、あちこちから笑い声とおめでとう、という声が聞こえる。
振り向けば、大勢の客たちと目があった。

「ぼうや、晴れて野良犬かい?」
誰かが言うと、皆が笑った。
「いいぞ、自由は!」
自由に乾杯!とどこかでまた声が上がり、皆いっせいに杯を掲げた。
「自由に!」
叫んだ一人が熱く何か政治の話を語りだし、そのテーブルに立った男を皆がじっと見つめる。話に聞き入る。
「自由とは、生まれながらにして誰もが持つ高貴なる権利!」
そうだろう!と男が同意を求めれば、店内の客が皆、そうだ、そうだ、と沸き立った。
酒を飲んでいるわけでもないのに、オリビエの頬は熱く火照った。
マルソーに肩を押され、再びカウンターの椅子に座ると、腹にたまった熱いため息を吐き出した。

「いいのか」
マルソーがにやりと笑ってみせる。男はいつの間にか煙草をくわえていた。
思わず煙を吸い込んでむせ、オリビエは自分が乗せたくせにと眉をしかめた。

次へ♪
関連記事
スポンサーサイト

Secret

プロフィール

らんらら

Author:らんらら
のんびり小説を書いています
日記ブログはこちら♪

ランキング参加中です♪

クリック よろしく~♪

FC2Blog Ranking

最近の記事+コメント

FC2カウンター

リンク♪

小説ブログの皆様

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。