08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「音の向こうの空」第五話 ⑤

第五話:切り取られた空


薄い紫の短いドレス。胸元はメイドの衣装よりずっと深く空いている。
派手な化粧。まだ十六のはずなのにそうは見せないほど、大人びた目をしていた。

ぼんやりと通りのほうを眺めている瞳が、やっとこちらを捉えてくれた。
「アネリア!」
「!お、オリビエさま!」
その小さな荒れた手を握り締める。
そのまま抱き寄せる。

「会いたかった!アネリア!」
あの日の午後、陽だまりの下で戯れた。柔らかな髪を手ですいて、何度もその首にキスを繰り返した。
柔らかな肌の感触。

「は、放して」

抱きしめる青年の胸元で、少女は拳をドンとぶつけた。
「!」
改めてアネリアの顔を覗き込む。
両手でその頬を包んで。
大きな瞳はそのままなのに。その瞳には嬉しそうな笑みはない。
「相変わらず、綺麗な手ね」
「アネリア…」
「放してってば。その服。奥様の見立てでしょ?ひどいセンスね。人形みたいに着飾られちゃって」

「アネリア」
「私ね、あれからいろいろな男を経験したわ。生きていくには必要だったから。ね、オリビエ、あなたが一番最低だった」

両手から、少女がすり抜ける。
一歩下がって、アネリアはオリビエをにらみつけた。
「追い出された私のことを探しもしないで、自分はのうのうと都見物なんでしょ?案内してあげましょうか?百フラン出すなら手をつないで歩いてあげてもいいわ」
「…」
「…なに」
「すまない。僕は、君のこと護れなかった」
「百フランもないのね。相変わらず、何も持ってない。音楽以外何もなくて、音楽以外何も大切じゃない。私は、奥様に追い出されたんじゃないわ。オリビエ、あなたの音楽に不幸にされたのよ」

なにを言われても、それが本当のことなのだ。
そうしたくないと思っていても結果としてアネリアを不幸にしたのだ。
それを、アネリアが恨むのはむしろ正しいことだ。
オリビエはどうしたらアネリアの気持ちが晴れ、少しでも幸せな気分にさせてあげられるのか、そればかりを考えていた。
荒れた小さな手を見るたびに、愛おしかった。護りたいと思っていた。
どうしたら喜んでくれるのだろう。
「アネリア…僕はどうしたら」
不意にアネリアがしがみついてきた。
「!」
「ねぇ、私やっぱり、あなたが好き。オリビエじゃなきゃいや。一緒に逃げて、ねえ、来て!」
少女の視線はオリビエの背後、青年を追ってきたビクトールとアンナ夫人を見つめていた。

「オリビエ、何をしているの!」
夫人の甲高い声に、オリビエも気付く。
「見ちゃだめ、ねえ、来て!私と一緒に逃げて」
両手を取って引っ張る少女につられて、オリビエも走り出した。

次へ♪
関連記事
スポンサーサイト

Secret

プロフィール

らんらら

Author:らんらら
のんびり小説を書いています
日記ブログはこちら♪

ランキング参加中です♪

クリック よろしく~♪

FC2Blog Ranking

最近の記事+コメント

FC2カウンター

リンク♪

小説ブログの皆様

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。