10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「音の向こうの空」第五話 ⑦

第五話:切り取られた空



目が覚めると、そこは見たことのある寝室だった。
クリーム色を基調にした壁、青緑のカーテンに金の房飾り。天使が踊る暖炉。ここは、侯爵の屋敷の、一室だったような。

「オリビエ様!」
白いエプロンのメイドが覗き込む。
「早く、侯爵様にお知らせして!」
もう一人いたのだろう、軽やかに扉を開いて出て行く音がした。
オリビエはうつぶせになっている姿勢を苦しく感じ、身を起こそうとする。
「っつ」
痛みと同時に、自分がベッドに縛り付けられていることに気付いた。

「なんだ、これ」
「動いてはいけませんよ、オリビエ様。背中をお怪我されていましたので、寝返りを打たないようにと、お医者様がこうされたのです」

メイドが手首にからんでいたロープを解いてくれた。

「ま、縛られている姿をもう少し見ていたかったのに」
残念そうな口ぶりとは裏腹に、アンナ夫人が嬉しそうにベッドに駆け寄った。オリビエの手についたヒモの痕をそっとなでる。
「ご夫人もなかなかのご趣味ですな」
そう、夫人をからかったのはロントーニ男爵だ。何故ここにいるのだろう。

「あら、これは侯爵様がお決めになったことです。ねえ、あなた」
侯爵はニコリともせずオリビエが起き上がるのを助ける。
腰に枕を当ててもらい、こわばった体からホッと息を吐き出すとオリビエは改めて侯爵を見上げた。

「あの、何も覚えていないのですが。ここは、侯爵のお屋敷ですか」

夫人と男爵は視線をそらし、侯爵だけが真っ直ぐオリビエを見ていた。
「あの、教えてください。あれから、一体どうなったのです」
「お前はファリの路地で背中を刺され、ロスレアン公の城に運び込まれた。治療を受け、落ち着いたところで私も議会が膠着したのでな。こちらに運んだ。その間、お前は眠り続けていた」
「アネリアは」
侯爵の太い眉がピクリと動いた。
「あれから七日だ。風邪で体力が落ちていたこともあって感染症に罹って一時は危なかったのだぞ。心配してロントーニ男爵もここ数日滞在されている」
「あの」
「当分は、ここにいるのだ。よいか、外出も許さん」
「アネリアは、どうしたのです!」
逃げたのだろうか、それとも。

侯爵の分厚い手がつかむようにオリビエの口を塞いだ。
「う……」
「その名を私の前で口にするな。二度とは言わん。いいな。守れないのなら、一生ここに縛り付けるぞ」
ロントーニ男爵も神妙な顔をしていた。
結局、食事をもらい、再び横になった頃。食器を片付けに来たビクトールと話すことができた。
こわばった表情、視線はテーブルの食器に置いたまま、ビクトールはゆっくり話し出した。

「私達が駆けつけたとき、アネリアはあなたにしがみついて泣いていました。奥様は悲鳴を上げ、私が止めるまもなくアネリアにつかみかかり。突き飛ばされたあの子は足元に転がっていた硝子の破片を奥様に向けました。私が奥様を庇い、あの子を殴り飛ばして。あなたを抱き上げた時には、あの子はもう、逃げ出していました」
「じゃあ、無事なんだね」
「オリビエ様。もう、お止めください。あなたは、あの子を愛しているわけではありません。ただ、ご自分があの子より音楽を選んだ、そのことに呵責を覚えているだけです。同情しているだけですよ。それは、あの子を不幸にします」
あの時の、アネリアの言葉がよみがえった。
僕の音楽が、彼女を不幸にした。

「分かってるよ、ビクトール。僕は、結局卑怯者なんだ。あの時、アネリアは僕の手を狙ったんだ。でも僕は、それを差し出すことが出来なかった。僕の音楽が彼女を不幸にしたと分かっていたのに、自分から音楽を取り上げることが出来なかった。だから、思わず彼女に抱きついたんだ。ケガも、自業自得なんだ。僕が全部悪いんだ」

じっと手のひらを見つめていたオリビエに、ビクトールは笑いかけた。
「あなたのようになりたいとは思いませんが、羨ましいとも思います」
「意味がよく分からないよ。ね、ビクトール。少し、弾きたいな」
「侯爵様がお許しになるまでは我慢してください」

次へ♪
関連記事
スポンサーサイト

Secret

プロフィール

らんらら

Author:らんらら
のんびり小説を書いています
日記ブログはこちら♪

ランキング参加中です♪

クリック よろしく~♪

FC2Blog Ranking

最近の記事+コメント

FC2カウンター

リンク♪

小説ブログの皆様

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。