10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「音の向こうの空」第七話 ①

第七話:疑惑、教会、オルガンの音色




広場まで戻ったところでズレンがオリビエに問いかけた。

「オリビエ、あいつらと何かあったのか?」
オリビエは黙ったまま、足を速める。
「あいつらは、確か、教会の下働きの連中だろ」
「…セイリア、死んだのか」
オリビエの問いに今度はズレンが黙る。

ほら、話したくないだろう。オリビエが見上げる表情はそう語る。

「そうだ。彼女とは恋人同士だった。だが、肺の病気と知っていて、彼女は俺を遠ざけた。それが彼女の想いだとわかっていたから、俺はなにも言わずにこの街を出たんだ。両親は落ちぶれた貴族でね、一族再興とか何とか、無理して俺を王立の学校に入れようとしたんだ。寄宿にかかる寮費は半端じゃないのに。結局、無理して働いて二人とも俺がエコール・ミリテール*に入学する前に亡くなった。ま、両親がいない方がメジエール**の試験には受かりやすかったから。感謝してるし、そこでの時間を無駄にするつもりもない。今はこんな田舎にいるけど。いずれ、ファリに出る。セイリアのことも、もう昔のことだ。キシュは実の姉妹じゃないんだが、セイリアのことを姉のように慕っていた」

そして、ズレンを兄のように慕っていたということか。

エコール・ミリテールは王立の士官学校だ。成績の優秀なものしか入学できないし、入学すれば国王からの援助を受けられるという。その上、卒業後にメジエール工兵学校まで進学したのであればエリートだ。ファリで出会ったマルソーやエリーも同じだろう。

キシュと価値観が違うのは、もう、どうしようもないことなのかもしれない。

(*エコール・ミリテールは8歳から14歳までの士官学校 **メジエール工兵学校は二年間の専修学校で、エコール・ミリテール卒業後試験合格者のみを受け入れた)


ズレンに「お前の番だ」と背を叩かれ、オリビエは唇をかみ締めた。
歩きながら、思い出したくないそれを記憶に並べる。

「僕の父は、あの教会の司祭会の会長をしていた。毎月、会合があるだろう?僕が十三の秋だ。ちょっと、悪さをしてね。僕は家の納戸に閉じ込められた。ふてくされる僕に、扉の向こうから母さんが話しかけた。お父さんが司祭会に出かけてしまったら、こっそり出してあげるから、と。父さんが出かけてしばらくして僕が扉の開くのを待っていると、家に誰かが訪ねてきた。母さんの気配が遠ざかった」

話してみると、たったそれだけなのだ、とオリビエは思う。
随分短い物語だ。

「それで?」
ズレンが少し間をおいて問いかける。

「それだけ。それが、僕が両親の声を聞いた最後。次の朝、気付いたら僕は自分の部屋で寝ていて。僕を起こしたのが、彼ら。父さんと母さんは、馬車の転倒事故で亡くなったと。それだけだった」

肩に置かれた手に少しだけ力がこもった。

「ま、もう五年も前のことだよ。ズレンだって、僕と同じ年齢の頃にご両親を亡くしているんだろ?」
「そうか。俺が丁度この街を出ている間のことなんだな」

「いいよ、結局原因とかよく分からなかったんだ。でも、事実として、両親は亡くなったわけだし。僕は今、こうしている。誰かを亡くすのはつらいね、ズレン。君の気持ち、分かるよ」

青年は数回、オリビエの肩を叩いた。
「帰ったらもう少し、ワインでも飲むかい?」

「じゃあ、僕が作ったレクイエム、聞かせてやるよ。それで僕は侯爵様に見初められたんだ」
「出世作か」
「そ。最高に憂鬱な気分になる曲さ」

ふと、ズレンの歩みが止まる。

暗がりに目を凝らして前を見据える。
オリビエもソチラを見ると、遠く見えるオリビエの家の前に人影があった。

「今日はそういう予定でもあったのか?」
ズレンは低くうなる。
「全然」
オリビエが応えると同時にズレンは人影に声をかけていた。
「誰だ!」

次へ♪
関連記事
スポンサーサイト

Secret

プロフィール

らんらら

Author:らんらら
のんびり小説を書いています
日記ブログはこちら♪

ランキング参加中です♪

クリック よろしく~♪

FC2Blog Ranking

最近の記事+コメント

FC2カウンター

リンク♪

小説ブログの皆様

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。