08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「音の向こうの空」第七話 ⑨

第七話:疑惑、教会、オルガンの音



その日。その界隈に住む全てが小さな礼拝堂に集ったのではないかと思えるほど。古びた教会は賑わった。

久しぶりに侯爵家の礼拝堂以外で祈りを捧げ、隣に座るキシュと目を合わせては微笑むオリビエは周囲の皆の目を釘点けにしていることにも気付かずに深い充足感を満喫していた。
こういう場所で、奏でること。誰かが喜んでくれること。
自分の音楽が、誰かを幸せにする。

ミサが終わった後、司祭に請われてオリビエは数曲を奏でた。それはどれも、いつか侯爵家の茶会で披露したものだったが、人々は嬉しそうに聞き入っていた。
老婆が涙を流し、その隣の孫が不思議そうにそれをなだめる。
薄暗いランプの明かりの中、聖母の像も優しげに見えた。

夜もふけた頃。
オリビエはキシュと一緒に司祭にもてなされ夕食をご馳走になっていた。その内容は質素なものの、穏やかな司祭の話を聞き、キシュが珍しく借りてきた猫のようにお行儀良くしているのがまた新鮮で楽しかった。

さすがに、ズレンが心配するだろうかとかすかに不安を覚え、帰ることにしたオリビエにキシュは口を尖らせた。
「ねぇ、家に来て」
それは甘い誘惑だった。
ふと酒場の様子とあの男たちを思い出す。
「それは……」
「あの曲。すごく素敵だった。これまでのオリビエとちょっと違ったよ。なんていうか、勇敢な感じ」
少女の語るのは情事の後の。今思い出せば少し気恥ずかしい曲でもある。
「キシュにあげるよ」そう言ったのも羞恥心から。

「ほんと?嬉しいよ!ちゃんと覚えているの。ね、今度楽譜にしてね。引けるようにオルガンで練習するから」
「ああ、分かった」
ここ最近の空しい仕事が、一気に熱を帯びる。
気付けば少女の歩みに沿って、あの酒場近くにいる。ちくりと警戒心が芽生える、そのとき。

「これは、楽士殿」
見たことのある、ここにいるはずのない。

「あら、男爵さま、いらっしゃいませ。今日は飲みすぎちゃだめですからね」
何故にキシュが親しげに?

どうにも言葉を作り出せないオリビエに、ロントーニ男爵はいつもどおり肩に手を回す。
「珍しいね、こんなところで出会うとは。キシュ、ちょっと用事があるんだ。彼はいただくよ」
「え?だめよ、父さんに約束したんだから、オリビエを連れて行くって」
「彼と話をするのはこの間からの約束なんだよ。悪いねキシュ」
いや、待て。

オリビエは意味を飲み込み、改めて男爵の手を解こうと。
「あの、男爵、僕は」
「さ、行こうか。聞きたいことがあるんだよ」
強引に引きずる男爵が、なぜこんなところにいるのか、キシュの家は革命家の集う噂の酒場。オリビエの想像はあのファリの【エスカル】と同じ。確かにあそこにも貴族らしき人もいた。だがあれは、あの場所は。王弟であるロスレアン公の屋敷内でもあるわけだから、おかしくもないといえるのだが。ここはエスファンテ衛兵のズレンが警戒するような下町の酒場。
ぐるぐると思い巡らせ、これはどうしたことかと思う。

男爵は。革命家と、仲間?


次回第八話は8月4日公開予定です♪
関連記事
スポンサーサイト

kazuさん♪

ズレン、いいでしょ!?
マルソーのようなお兄さん的な存在にはならないけれど…この後しっかり主役を食っちゃいます~(←いいのか?
楽しみにしていてくださいっ♪

革命の余波…だんだんと近づいてきますよ~

ズレンくん~;;

ズレンくん、カッコイイ!
きゃぁぁっ
というテンションで6話を読んで、7話でホント素敵~って思ってたら・・・
あううぅ、やっぱりここにもオリビエくんとの溝が・・・;;
でもでも、きっとそれはズレンくんの本心でもあり、そうでもないはず!!←思い込み?

ズレンくんのいうことも分かる。
キシュちゃんの言うこともわかる。
オリビエくんのいうことも分かる・・・。

皆、生きてきたその道があまりにも違うから。
対等な人として話せばとてもいい関係になれるのに、貴族や平民という身分がお互いの間に距離を作ってしまって。。。

キシュちゃんと、オリビエくん。
2人が幸せになって欲しい。
でも、三部会、革命、戦争・・・
ズレンくんも男爵も、ファリの人たちも。
続きが気になるのです。。。

男爵が酔っていた時に言った言葉も、気になります!

来週も、月曜日に日参するのです~~♪
Secret

プロフィール

らんらら

Author:らんらら
のんびり小説を書いています
日記ブログはこちら♪

ランキング参加中です♪

クリック よろしく~♪

FC2Blog Ranking

最近の記事+コメント

FC2カウンター

リンク♪

小説ブログの皆様

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。