08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

18世紀はこんな世界その4

最近おなじみの「クラシカジャパン」で何となく観ていたオペラ「コシ・ファン・トゥッテ」。
モーツァルト作曲の著名なオペラですが、その中でメイドが二人のお嬢様にチョコレートを作ってあげるシーンがありました。
資料では知っていたけれど、やっぱりこの時代に貴族はチョコレート(現在のような塊じゃなくて、ココアに似た飲み物だった)を飲んだんだ~と。それを風刺の効いたこの作品で描いているって言うところが面白い♪

劇中では「30分もかけてかき混ぜるのに、私は匂いをかぐだけ…」なんて、メイドは嘆く。
まったく、貴族はなんて贅沢なんだ、という当時の民衆の気持ちが出てますよね~。
その脚本ではお嬢様が帰ってくる寸前に、メイドはそいつをちょっぴり味見しちゃう。(笑)

このメイドは二人のお嬢様に恋人を裏切って浮気するように、恋を楽しみなさいとそそのかす役柄なのです。
うむ。最初の登場でチョコレートを盗み飲みするだけで彼女のキャラが見事に表現されているな~。さすが!

私の小説の中ではオリビエの好物です。
無邪気な彼は甘い物好き。お酒は弱いけど、甘いソーテルヌのワイン(貴腐ワイン)なんかが大好きだろうな~♪
それをヨウ・フラは「贅沢だ」と文句を言う。
勧められても黙って見ているだけだったビクトール。
リエンコはきっと、無表情で黙々とかき混ぜたんだろうな……30分も(笑)
きっとメイドたちは嫌がって、力のあるリエンコにその役が回ってきていたわけです。
リエンコは料理なんか出来ませんがオリビエが喜ぶから、褒められたくてがんばる(←どういうキャラだろう…^^;)


なぜにチョコレートの話題、かというと。
バレンタインデーが近いので♪
我が家の入籍はバレンタインデー♪つまり記念日♪
…甘い一夜?
ご想像にお任せしつつ…

2009.2.11
関連記事
スポンサーサイト

Secret

プロフィール

らんらら

Author:らんらら
のんびり小説を書いています
日記ブログはこちら♪

ランキング参加中です♪

クリック よろしく~♪

FC2Blog Ranking

最近の記事+コメント

FC2カウンター

リンク♪

小説ブログの皆様

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。