08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1000文字小説 『夏』

ブロともの楓さんが、掌編小説のススメで紹介されている、
1000文字小説を書いてみよう!!!
ということで、私も久々に小説、書きました。
1000文字。
課題は「夏の風物詩を入れること」

タイトルは浮かばないんだけど(笑
『夏』にしておきます。
では……楽しんでいただけるといいなぁ~


『1000文字小説:夏』

「よし、怪我も治ってきてるな」
ドウジロは可愛く首をかしげ俺の手を前足で掴んだ。30センチの体長を支える細い足は、案外力強くて、俺は嬉しくなった。
「これなら夏休みが終わる前に森に返してやれるな」
「うん。シンに拾われてよかったね、お前」
ドウジロが鼻をひくひくさせて応える。先週、結と一緒に見つけて、今は結の家においてもらっていた。
結のうつむく長い睫、クリクリした目はドウジロに似ていた。狭い籠の中、結の手と俺の手がわずかに触れた。
「あ」
結の声に顔を上げる。
「今日ね、」
彼女を呼ぶ声が表から聞こえる。
「来た。父さんの知り合いで、島に来てる東京の学生さんが見たいって言うの」
結は慌てて立ち上がった。

男は日に焼けた顔で笑っていた。
「ケナガネズミが見られるって聞いてさ。結ちゃんだね、初めまして」
標準語が白い歯からこぼれると、結は見たことのない顔で笑った。
「初めまして。この子はシン。獣医の息子でドウジロの手当をしてくれたんです」
「ドウジロ?島ではそう呼ぶんだね。絶滅危惧種なんだ、日本で一番大型のラットで固有の進化をしているんだよ。会えるなんてラッキーだな」
結が、さっきまで俺がいた場所に男を手招きして、ドウジロを覗き込む。
「俺、帰るよ。餌、頼む」
袋を渡すと、男が歓声を上げた。
「こんなものを食べるんだな!」
「何でも食べるんです、雑食で」
俺はその場を抜け出した。


翌日、俺は結の家に向かった。結が不在でも納屋への出入りは自由だ。
庭先で、結とあの男の笑い声が聞こえた。
俺は少し迷って、もときた道を帰った。


夏休み最後の登校日。教室では結があの男のことを女子に自慢していた。
「納涼祭に一緒に行くの。それに、来年もドウジロを見に来るって」
俺は立ち上がっていた。
結もこっちを見た。
「もう決めたから。届出すれば飼えるんだから」
「森に返すって約束だろ」
教室が静まった。
「シンだって世話するって言ったのに来ないじゃない」
そう言った結の顔は、可愛くなかった。


夜。納涼祭の花火が結の家を赤く照らす中、納屋に行くとドウジロは嬉しげに俺に寄ってきた。
俺はドウジロを袋に入れた。

結と拾ったのは学校の帰りだった。
来年の受験の話をした。一緒の高校だといいねと、結は言った。

森は黒々と鎮座していた。
袋を草の上に置くと、ゆっくりと可愛い顔がのぞく。
ドン。
空が震える音に、ドウジロは飛び出した。
花火が消えるとドウジロも森の中に消えていた。






関連記事
スポンサーサイト

結希千尋さん♪

おお、紅憐さん…お久しぶりなお名前です♪

>以前別の場所で…
実はリンクのお一方を除いて全員、某場所にも現れていました(笑
なので、多分この方、とは思いますが確信は持てず。
皆様、最近ブログに戻ってこられたので、ちょうど良い再会を演出できたのでしょうか(^∇^)/

リンク、ありがとうございます♪
最近はひどくのんびりモードですが。
たまにのぞいてくださると嬉しいです♪

こんにちは

1000文字、私も以前紅 憐さんのとこで参加させて頂いたのですがとても勉強になりました。削って削って(笑)
そしてリンクのブログ様にお邪魔したら、以前別の所でお見かけしてすごく好きだった小説を書かれている方に巡り合えました!
ありがとうございます♪

あ、事後報告になってしまうのですが、らんららさんのブログをリンクさせていただきました。もし不都合があれば教えてくださいm(_ _)m

結希千尋さん♪

わわ~!!
お久しぶりです!
すっかりご無沙汰してしまっているのに。
読んでくださったんですね(^^)
ありがとうございます。

1000文字、この課題に夏のちょっと切ない思い出というものを
描いてみたくて。
この事件が二人になにをもたらすのか。
確実にシンは自分がなぜこうしたのかを、考え続けるでしょうね。
ドウジロのためなのか、結への想いの為なのか。

ほんとにこれ、1000文字ぎりぎりなんです。
「そんな風に思うと」⇒「そう思うと」みたいな細かい節約をたくさんしました。
とても勉強になりました♪

私は今のんびりお休みしています。代わりと言ってはなんですが(←こら)リンクの方々は皆さん素敵な小説を書かれています♪
お時間がありましたら、遊びに行ってみてくださいね♪

No title

お久しぶりです~(^_^)

切ないです(/_;)なんか、一生懸命で。
きっと結ちゃんもシン君に一緒に居て一緒に笑ってて欲しかったんじゃないかな。ああでもシン君の気持ちも分かるーとか。

花火が消えて、ドウジロが消えて。そのあとを見つめているシン君は何とも言えない切ない顔をしていました←見えたのです

この後起こるだろう喧嘩や泣き顔を、大人になった二人はどんな風に振り返るのかな。笑い話になるのかな、切ない思い出として振り返るのかな。
と想像しつつ。
やっぱりらんららさんはすごいですー☆

ありがとうございました!

chachaさん♪

うふ~(^^)
ありがとう!

何度も書き直していると、自分では新鮮味がなくなって麻痺してきてしまいます。
そうなると、このシンの行動はどうなんだろう。おかしくないだろうか、とか。なにかもっと表現しないと分かりにくいだろうかとか。
いろいろと考えてしまいます。

でも、よかった!!!
たくさん感情移入していただいて♪
シン本人はきっと、ただ、一生懸命なんだと思います。
悲しいとか切ないとか、自分の感情も状況もうまく理解できていないけれど、でも、こうしなくてはいられないというか。

夏の思い出って楽しいよりせつない感じが似合うような気がして。
こんなテーマにしてみました。

ほんと、表現の仕方ってたくさんあって、chachaさんのも、kazuさんのも、そして私のも、全然違いますね。面白いです!!
怖いのと、きゅんとするのと、切ないのと。
表現したい内容に合わせて、文章も変わるんですね。
楓さんのも楽しみです~!!!

素敵な感想をありがとうございました(^∇^)/

これは…(>_<)

こんばんわです☆
読ませていただきましたが、もうね、とにかく辛くて切ないです(/ _ ; )
シンくんの言動、痛いほどよくわかります。うん、そう言っちゃうよね。うん、そう行動しちゃうよね。
でも、だからといって結ちゃんが悪いわけじゃないし。

最後。ドウジロと花火のシーンが本当に印象的で。
シンくんの心理描写でもあるのかな、と思ってしまったり(>_<)
今後の展開を思うと、ますます胸が苦しくなっちゃいますね(´・_・`)

やっぱりらんららさん、描写がとっても上手いですね(^_^)いつもいつも、おそらくは必要以上に感情移入しちゃって(笑)今回のは本当に切なかったです。
でも、これこそリアリティある作品だなと。上手くいかないこと、多いんですよね~特にこれくらいの年頃だと(T ^ T)

なんか取り留めのない話になっちゃいましたが( ;´Д`)
辛く切ない夏の思い出をありがとうございました☆

楓さん♪

ありがとうございます(^∇^)
綿菓子、特に楓さんのは甘いです!
もしや、納涼祭に⁉

色々と、足りない感じはあるものの。
楓さんの少年の心をちょっとはゆり起こせたみたいで、
ホッとしています\(//∇//)\
やっぱり、難しいですね~。

可愛くなかった。
シンの気持ちをストレートに書くと、それが一番でした。
可愛いけど、どうしたって可愛いけど、今の自分の気持ちは否定したがる…そんな感じですね。

ラスト、難しくて。
虫の声とか、風とかいれようかと思ったけれど、
実際花火は音と光で、多くのものを隠してしまう存在感があるから…花火にしました。
また、もっと慎重に、つぎこそは、と思ってます‼

参加させていただいて、ありがとうございましたo(^▽^)o

うんうん

こんにちは。
多感な頃、勝手に彼女の心考えて、勝手に嫉妬して、勝手に泣いて苦しんで。そうやって大人になっていくんですよね。
それにね、この年頃の女の子は残酷なんですよ。
本人全然自覚ないんです。でも、些細な仕草一つ、言葉一つで男はボロボロに傷つくんですよ。ああ、でもそれは逆も同じなのかも知れないですね。
だけどさ。
納涼祭一緒に行っちゃダメだよ。いやま、行ってもいいけどそれを俺の前で言うなよバカ(>_<)。←入り込んでる(笑

可愛くなかった。ってのはウソでしょうね。好きなんだから。可愛いんですよ。どんなに悔しくても、可愛いんですよ。だけど何だろう。他にいい言葉が浮かばないですね。宿題にして持ち帰ります。笑

最後、夜の深く黒い森と、華々しい花火のコントラストが効いてますね。少年の心、痛いほど伝わりました。

kazuさん♪

わかっていただけました⁉
いや~ん、嬉しいです\(//∇//)\
誰が悪いんじゃないんだけど、シンは自分の中の気持ち、
半分は嫉妬、半分はドウジロを思う気持ちとで、
いっぱいな感じです。
かなり、深読みしないと分からないかなと。
不安でしたが、kazuさん、ありがとう‼

いずれ、これ、ちゃんと情景とかいれて、直して見たいと思います。というか。直さないといかんと思う段階で、すでにこの作品では足りてないと言ってるようなものだけれど(⌒-⌒; )
たのしんでいただけて、ホッとしました~

切ない><

どもです、らんららさん!

めちゃくちゃ切ないですっ、シンくん!
結ちゃんと一緒に見つけて、結ちゃんと一緒に面倒を見て。
東京の学生さんが来るまでは、二人だけの時間だったのに。

それをっそれをぉぉっ!
て、いや、学生さんには何の悪いところはないのだけども!
やっぱり、東京から来た、年上の、男の人、はこの年頃の女の子からしたら憧れる存在ですよね。

あぁ、しかし。
森に帰ったドウジロ。
その子にはとてもよかったと思うけど。
ドウジロがいなくなったことを知った時の結ちゃんを思うと、どうなっちゃうんだろうとドキドキしちゃいました。
泣いちゃうかな、泣いちゃうんだろうな。
シンくんは、どうなっちゃうかな。
あうう、もしケンカしても仲直りして欲しい><

いやもう、心理描写、すごいっす!
確実な言葉がなくても、伝わってくる登場人物の感情。
やっぱり凄いなぁ。

切ないきゅん、頂きました!
素敵なお話を、ありがとうございました^^
Secret

プロフィール

らんらら

Author:らんらら
のんびり小説を書いています
日記ブログはこちら♪

ランキング参加中です♪

クリック よろしく~♪

FC2Blog Ranking

最近の記事+コメント

FC2カウンター

リンク♪

小説ブログの皆様

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。