10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

掌編小説:「描く」

さて、三回目の挑戦です。
1000文字でお題は「描く」

いやぁ~。今回は締切ぎりぎり。
しかも、あははは。
という内容です~。

ま、多少楽しんでいただけたらいいかな~?(こら)


****

飽きないなぁ、お前。そう言いながら先輩がカンバスの脇から顔を出した。
「お前、それ撫ですぎだろ」
「おっぱいは大事ですよ」
先輩と目が合えば、俺も口元が緩む。
モデルの顔や年齢はともかく、裸婦に絵具を乗せるのは好きだ。
性的な欲求なのか。絵具の艶と色と形が総合的な美に変貌していく過程が好きなのか。
俺にも分からない。なぜ、描くことが好きなのか。

「ばかひろぉ!!!」
美術室の扉の音と同時にそいつが飛び込んできた。

「玲ちゃん」と先輩が声を甘くするのを無視して、玲は俺に丸めた画用紙を投げつけた。それは外れ、裸婦の肌に小さな傷を作って落ちる。
画用紙には見覚えがあった。
「よくも、そんなもの描いたわね。人の裸を勝手に妄想して、信じられない」
派手にシャツの胸元をつかまれて揺すられながら、俺は依頼人を恨んだ。
あいつが金出すっていうから描いたのに、なにばらしてんだよ。
「これで、一万円って、どこまで汚いのよ!!」
「おおっ、すげぇ。って、肝心のとこ描いてねえじゃねえか」
先輩が画用紙を広げると一緒に玲を模した女も脚を広げ。玲は慌ててそちらに突進。画用紙をつかみ取った。
「先輩、ひどいと思いませんか!こんなもの描いて売りつけて儲けるなんて!」
「玲ちゃん、モデル代で5万要求すれば?これが油絵なら10万は出す奴いるぜ。さすがだなぁ。何って構図が……」
「先輩!そういう問題じゃなくて!」
「いやいや、芸術的見地から言って、これは価値があるよ」
さすが先輩。俺はこっそり美術室を出ようと机と椅子の間を縫って歩く。

「尋ぉ!!」
廊下に出たところで、今度は背中にくっついてきた。
振り返れば小柄な玲の顔。うるんだ目に夕陽を映して俺を睨んでいる。
「怒るなよ。描きたいから描いたんだろ。お前でなきゃ描かない」
「じ、じゃあ、なんで売りつけるのよ!!自分で大切にしてよ!」
今度は照れて怒る。
「お前って何度描いても飽きないんだよな。なんていうかさ、描いたものより描きたいと思う存在の方が大切でさ」
玲は黙った。代わりにぎゅうと抱きついてくる。
「金あるし、飯食ってくか?」
「あの1万円ね?」
くるりと回り込んで、玲は俺の腕に腕をからませる。
「フレンチがいいっ、ワインとかぁ」
「なにがワインだ、ばか」
玲はまた、すねる。
少し尖らせた唇、頬の紅色、陽が透ける髪。
シャツを握りしめる小さい手。
だから俺は描くことが好きなのかもしれないな。

「仕方ないな、じゃあ牛丼だ」
関連記事
スポンサーサイト

楓さん

お疲れ様です~お仕事、まだまだ、忙しいんでしょうね(^^;)

うふふ。
ビール2杯!!!さすがです~。
私自身はそういう話はあまりできないので、(あたりまえ?)想像の域です。旦那様がきっと、友達と飲むときはそんなことになるんでしょうが、私には見せない姿。
女子会の私の姿を旦那様が知らないのと同じですね♪

尋くん。屈折してます。はい。そういうところがないと、逆の魅力も表現しにくいというか。芸術家的な部分のある人はきっとどこか、人と違う価値観を持っているのです。
いえ、癖とでも言いますか(笑
いつかまた、二人のことは書こうかと思っているので、楓さんに似たマニアックな雰囲気を出せたらと思います~♪(をい)

楓さん作品、いつまでも、しつこく(笑)待ってます♪

なかなか

マニアックな嗜好ですな。こいつ。いいぞ(えw
まあ好きですよ。男は。
おぱーい。
おぱーいの話でビール2杯はいけます。
この年になってもまだそんな感じです。男って……

ところで、僕がマニアックと言ったのは、きっと尋は玲のこと好きですよね。もしかして付き合ってる?だとしたら彼はなかなかの重傷です。どエスです。
「描きたい」と思う、それは分かる。
でもふつう、それをほかの男には売らないですよ。売る=そいつが玲の裸で興奮しているところを想像するはず。それを平然としてのけるというのは、どこか性的に屈曲している、と僕は思うんです。なぜそう思うか、それは、こいつ間違いなく「僕寄り」の男だと思うからです!www

それを許せちゃう玲、いいっす。

さて、あとは僕ですね。
すっかり期日は過ぎてしまいましたが、何日遅刻しようとも、必ず時間を作って書きたいと思います。
せっかくらんららさんに頂いたお題。何としても!!

chachaさん♪

旦那様がお祭りの会合に出ている隙に、コメントです~♪

うふふ、にやにやしていただけました?
おばかカップルも楽しいかと♪こういうのって、書き出すと止まりませんね~♪
男の子の会話、可愛いですよね~♪こういうの書くとまた、楓さんに「なぜ男心が分かる!?」と疑われてしまいそうですが(笑
おっ○いは男の子にとって、大事なんです、やっぱり!
生まれて初めて好きになったもので、しかも自分にはない!!(爆

二人の話、もっと書くかもしれません。
掌編小説のテーマにこじつけて(笑
尋くんはきっと、もっとわがままな奴になりそうですし。玲ちゃんはそんな尋くんに、なぜか魅力を感じるおばか可愛い子という設定で♪

しかし~。おっ○いなのかな?引っかかったの。
うん~。そうかもしれません。
次は一ヶ月しないうちに書こうかと(←いいのかしら?宣言して…

いろいろ困らせてしまって、すみませんでした~♪
そして、素敵コメント、ありがとうございます!!v-344

kazuさん♪

うふふ~(^^;)突っ込みどころ満載でしょ?
お二人の作品が、きゅんとさせるシリアスなものだったのに、こういう路線に走って今いました~。
脳内妄想暴露小説(笑

そう、人に売るなよっ!!ていうか、彼女の裸を売るなという。kazuさんのお叱りごもっとも♪
尋くんにとっては、描き終えたものに執着がないのです。もしや、自分が玲ちゃんなら耐えられないだろうことも、この二人は許しあう(爆
おばかなカップルを書いてみたくなってしまって~♪

掌編小説のテーマによるけど、また、描いてみたいキャラクターです♪
案外、私も溺甘恋愛小説、書けるのかも?と。
新たな境地です~(^◆^)

いや~ん♪

なんですかこのラブラブな二人はっ!(笑)
見ていて思わず顔がにやける~いいないいな~♪
でも、確かに。自分の顔で裸体は…しかも売ってるということは他人にも見られているわけで…
うん。玲ちゃん怒ってヨシ!(笑)

男の子ってなんでこんな可愛いんでしょうね^^
おっ○いは大事って。ぷぷっ!素直でよろしい!(笑)

なんかもっともっと、この二人の関係だったり日常だったりを覗いてみたい気がしました♪ああっ!もう終わっちゃった~ってカンジだったので^^
番外編と称して書いてくださいっ!(むちゃぶり

ああ~本当に、羨ましい二人でした♪ちらっと出てきた先輩もイイ味だしてる~むふふ^^
ほのぼので楽しい「描く」、ありがとうございました☆

※もしかすると《おっ○い》がひっかかったのかしら…(笑)
なので隠してみました^^;

牛丼かいっ←裏拳(笑

尋くん、牛丼ですかいっ!
それは安すぎ←そこじゃない、いやでもそこも重要だ(笑
そしてもういっこ。
先輩、突っ込みどころは構図かいっ
女の立場からすると、突っ込みどころ満載な尋くんと先輩の言葉(笑

でもでも。
尋くんは、色を重ねて玲ちゃんをカンバスに描きたいのかな~と。
玲ちゃんの存在が、何度描いても飽きないくらい尋くんを「描く」という行動に走らせる。
そういう意味でも、現実の尋くんにとっても、大切な存在なんだろうなって。

でもね!
人に売っちゃだめっすよ!
女として、恥ずかしいからぁぁっ><
せめて、モデル代くれ←!

男って…と笑いつつ、「描く」行動に走らせるほど魅入られている存在があるって幸せだなぁとニマニマさせて頂きました~^^
ありがとうございました♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
Secret

プロフィール

らんらら

Author:らんらら
のんびり小説を書いています
日記ブログはこちら♪

ランキング参加中です♪

クリック よろしく~♪

FC2Blog Ranking

最近の記事+コメント

FC2カウンター

リンク♪

小説ブログの皆様

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。